2017年5月10日 (水)

キーケース

P5103383

長く作り続けている品物でも作り易さの改善や作り手の自己満足でしかないかも知れないけれど、デザインを少しずつ変えながら制作しています。
型紙の更新に合わせてキーケースをちょっとだけリニューアル。
手前が新型、奥が今までの物。
ほんの少しの変更で印象が変わるからデザインってホント難しい。

2017年4月29日 (土)

二つ折り長財布

P4283330

週の初めから作っていた長財布が一先ず完成。

このお財布は初期の頃から少しずつ設計を変えながら作り続けている型で、今回のモデルチェンジで4代目のものになります。
薄さと使い勝手のバランスを考えて二つ折りのマチ無しタイプの設計という基本は変えず自分なりのその時々の一番良い使い心地を考えながら作りこんで来ました。。
長財布とは言っても、なんでも放り込める大容量のものと同じ使い勝手とは行きませんが、本当に必要な物を絞り込んで行ったときに過不足無く使えるよう企画しました。
長く使えることを考えると、結局シンプルな形に落ち着くんだなと今更ながら再確認。

・・・と、ここまで書いたところでウトウトし始めました。

今日は今度こそここまでのようデス。

2017年4月23日 (日)

在庫作り

18034209_743349212500375_4068367983

来月の春のデザフェスに向けて手間の掛かるものから在庫作りを進めています。

こちらはカードを重ねて8〜10枚収納出来る容量の大きなポケットが特徴的なシンプル・コンパクトな二つ折りのお財布です。
使い始めはマットな質感ですが、使う程に艶と色味を増していくワックス加工されたコシのある素材で制作しています。

2017年4月10日 (月)

近況

P4083290

ご好評頂いている小鳥のパスケースの追加分5羽も出来上がり、お財布4種類の裁断をまとめて済ませ今日の作業はお仕舞い。
生憎の空模様にお花見らしいお花見も無いまま、春本番を迎えることになりそうです。

忙しい中でも色々事件(?)は起こる物で、最近のトピックは中古で買って以来10年ほど維持しているバイクのオイル漏れが酷く修理に出したところ治しきれず(治せない事はないけど工賃が恐ろしいことに・・・)、程度の良い中古エンジンに乗せ代える予想外の結果に終わった事でしょうか。。。やれやれでした。

2017年3月25日 (土)

二つ折りの長財布

P3253278


P3253279


P3253283

基本的なアイテムほど難しかったりします。
使い勝手のバランスを模索しながら3パターン目になった二つ折りの長財布が完成。
ジャケットの内ポケットに入れても良いかな・・・という薄すぎず、厚過ぎないサイズ感の中で使い勝手の良さを出して行こうと、初代から外寸は変わらないものの、ポケットの構成を色々模索して今の時点でのオススメの構成としてこう言った形に落ち着きました。

基本構成は独立カードポケット6枚分+コインポケット裏の隠しポケット1ヶ所に加え、札入れ用のオープンポケット2ヶ所ですが、受注制作版でカードポケット12ヶ所、ファスナー付きのコインポケット+オープンポケット2ヶ所仕様で製作も可能です。
ただ、この仕様だとコインポケット側の使い勝手が少し悪いと言えば悪いのでオススメ具合は一段下がりますが、カードの見易さはこのタイプの方が優れています。(とは言え標準モデルの方がバランスが良いと思います)

今回の素材はお財布などのメイン素材として今後採用して行こうと思っているもので、しっかりとタンニンの入った張りのある素材です。
しっかりと芯まで染まった革にワックスを刷り込んでいる素材なので、使い始めて早い段階で艶が増し独特の風合いに育っていきます。
まだしっかりと使い込んでいないのではっきりとはしませんが、1~2段階ほど色が濃くなる傾向にある素材なので、この革の特性を上手く活かして自分だけの一つに仕上げていく楽しさも楽しめるはずです。(限定色のグリーンと定番色のココアの2色からスタートです)


P3253288_2

2017年3月14日 (火)

名刺入れ

P3133265

年度末のストレスフルな毎日の癒しのひと時になっている革小物屋さんとしての制作時間。
そんな時間も家族の理解があればこそとしみじみと思う今日この頃です。

今日は昨年のデビュー以来ご好評頂いている名刺入れの定番カラーの在庫補充です。
茶色は今回の物から新しい革に変わり(銘柄は同じですが)少し質感が変わりました。
使う程に色艶を増し、一段ほど色味が明るくなる傾向の素材ですが今回は当たりロットの素材なので前ロットの物よりも品のある印象に仕上がりました。

2017年3月10日 (金)

色トリドリ

P3093263

試作品からほんの少し修正を加え制作してみました。
小鳥のパスケース、実物は3割り増しでかわゆいです。(笑)

2017年3月 3日 (金)

小鳥のパスケース

P3033241


P3033240


昨日の続きでパスケースの1stサンプル作り。
ボタンインコのもっちりとしたシルエットをモチーフに、くちばしでカードをくわえているような感じで窓を開けています。
スイカ等のカードサイズに合わせて窓の寸法を設定していますが、名刺サイズのカードも収納出来るようなサイズ感で制作しています。

実用本位の物だけじゃなく、たまには遊びゴコロを優先した物作りも気分転換になって楽しいですね。

2017年2月19日 (日)

ブックカバー

P2193230


P2193232


文庫サイズのブックカバーを久しぶりに作る事になり、リハビリかねがね自分用に一つ作ってみました。

今回は自分用ということもあって、繊維がゆるく普段は製品に使用できない首筋の革を素材に製作しています。
伸びやすく形を維持しづらい部位の革ですが、その分柔らかく手触りが良かったりします。
とは言え、売り物にするのは考え物かな。。。(製品版は良い部位の革を使って制作します)

見よう見真似で始めて作ったブックカバーからスタートして6、7年。
あの頃苦戦した物も簡単に作れるようになりましたが、まだまだ作れないものも沢山あり、続けるほどに奥の深い世界です。

2017年2月13日 (月)

補修について

P2123169

麻糸に蜜蝋を刷り込んで縫い上げて制作しているため、使用頻度にもよりますが、3~4年使い続けると可動部やよく触る個所の糸が磨耗して切れてしまいます。
こればかりは素材の特性のようもので仕方ないのですが、だからと言って強度の高いナイロン糸を使う気にもなれないです。

言ってみればこだわり。

手作りの温もりのようなものはケミカルな素材からは伝わりにくいんじゃないかなという、根拠の無い思い。
後、ナイロン糸は強すぎて革に優しくないんじゃないかなという懸念が拭えないというのもあって、擦り切れるのを分かった上で麻糸を使っています。

長く使うために敢えて弱いところを残す。
息抜きと気分転換が必要なように、革製品にもそういったものが必要なんじゃないかなと思います。

ご愛用頂いているユーザーの皆さん。
糸が擦り切れてきたら是非メンテナンスのため里帰りさせてあげて下さい。
送料だけご負担いただくことになりますが、縫い直しなどメンテナンスは無料にてフォローさせていただきます。

ちなみに画像のものは3年ほど使用したヌメ革ナチュラルのブックカバーです。
良い雰囲気に育ってきました。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

最近の写真

  • P5103383
  • P4283330
  • P4263294
  • 18034209_743349212500375_4068367983
  • 18118934_743342185834411_4292418410
  • 18033143_741641982671098_6526750977
  • P4083290
  • P3253288_2
  • P3253283
  • P3253279
  • P3253278
  • P3133265