2017年4月21日 (金)

逆目の菱目打ち

18033143_741641982671098_6526750977

浅草のひうちやさんにお願いしていた菱目打ちを引き取りに修学旅行(?)の学生さんの目立つ浅草へ出かけて来ました。
ちなみに自分の母校は小学校は日光、中学は静岡〜山梨(だったはず)、高校でようやく京都でした。

それはさて置き。
一見全く同じに見える2組の菱目打ち、どちらも同じ9本目のもの(一目3.7mm)ですが、今回特注した白くペイントしたものは刃の向きが通常と異なる逆目の物になります。

制作の都合で裏側から菱目を打った方が作りやすい場合が少なからずあって、そんな時に使うための特殊な刃物です。
まぁ、無ければ無いでどうにでもなるものですが、作業の効率化を考えるとあると便利な刃物ではあります。
頻繁に作る品物でこの工程が何ヶ所かあって、
思い切って特注してみました。

使うのが楽しみです。

2017年2月17日 (金)

菱目打ち

P2163228

レザークラフトの道具って一般の人には馴染みの無い物が多いんじゃないかなと思います。
ちなみにこちらの工具は「菱目打ち」、縫うための穴を開ける刃物です。
小物を作ることが多い(と言うかほとんど)ので、9本目という細かめのピッチの物をメインに使っています。
今までは奥の刃が2本(曲線用)と4本のもので作業していましたが、作る数が増えてくると効率が悪いので9本の物を追加することにしました。

9本の物は在庫があったのでそのままお持ち帰り出来たけど、前からあると便利だと思っていた逆目の菱目打ち納期3ヶ月待ちと言うことだったので注文だけして今日のところは終わり。

こういった刃物を作ることの出来る職人さんがどんどん居なくなっているので、いつまで良い工具を手に入れる事ができるのか。
何も刃物に限ったことではないけど、手仕事でしか出来ない物の価値は必要とする人にとっては何物にも代えられないもの。
モノ・コトの平均点が上がり、価値が下がり、色々なものが身近になっていく程に「これでいいや」という気分になってしまう。

実際、自分自身がそうだから偉そうな事は言えないのだけど、本当にこれで良いの? と違和感を感じています。

2016年12月10日 (土)

プリンターを買う

Pc082555

インスタックスミニ(いわゆる、チェキ)のフィルムにスマホの画像を焼き付けるプリンターを買ってみました。

フジのデジカメだと直接データを送って出力できるようだけど、他社のデジカメは一度スマホに転送してからプリンターにデータを送らないといけない所は面倒だけど、元のデータが一眼で撮ったものでも、出力される絵はインスタント風味に味付けされ、よく言えば”味のある”写真になる所を使いこなせると面白い表現が出来るんじゃないかなと。

2016年12月 7日 (水)

グレーカード

ブツ撮りをするときに後加工無く一発撮りで終わらせるのが理想的だけど、どうにもカメラのホワイトバランスがしっくり来なく、白い紙を使ってマニュアル設定しながら試行錯誤してきました。

が、蛍光灯を換えたときにうっかりタイプの違うものを買ってしまったようで泥沼に逆戻り・・・
まぁレタッチして上げれば良いだけなのですが、二束のわらじを履く身としてはその時間がもったいない訳です。

そういう訳でグレーカードの出番。
普通に買える物だと思っていたらどうも今はそうではない様で、気持ちが乗っている内に手に入れたいと、困ったときのアマゾン頼みで購入しました。(あまり通販は使いたくないのだけど・・・)

後はカメラのカスタム設定でホワイトバランスと露出の基準値を登録して”ブツ撮りモード”を作っておけばOK! どこまで省力化できるかな、っと。

2016年7月13日 (水)

ストラップカッター

P7132154

本業のほうが繁忙期になるタイミングと減員が重なり思うように作業が捗らない今日この頃。
自分と同じような活動スタイルの作り手さんも同じように時間のやりくりに苦労しているのだろうか、それとも上手くやっているのだろうかと気にしたところで仕方ないなと言うのが今日の結論。

普段の生活を守りつつ、本業に差障りの無い範囲で回せる様に知恵を絞るのも案外楽しかったりします。

さて、コレを見てなんだか分かる人は同業の方か、レザークラフトにかなり関心を持っている人かなという特殊工具・ストラップカッター。
まだ持っていなかったのかーと言うくらい今更感のある工具をようやく買った訳ですが、名前の通り一定の幅のストラップ/ベルトをスパッと切り出すための工具です。
今まで2本の定規と無駄な高等テクニックを駆使しながらカットしていた作業を大幅に効率化! 使いこなしに少し癖があるようだけど今までの手間を考えれば雲泥の差・・・

数を作らないのであればこう言った特殊工具は必要ないけど(手間をかけて代用)効率と精度を考えたら早いうちに揃えたほうが良い工具でした。

予報を見ると手創り市の17日日曜日は晴れのち雨(?)
開催中に降らなければ良いけど、雨対策は考えておかないといけないかな・・・

2016年3月 4日 (金)

ハンドプレスの駒

P3031729


少しずつ余裕が出てきた分で作業の効率化と何より精度アップに役立つ道具を揃えつつある今日この頃。
写真はボタンやハトメを留めるために使うハンドプレス用の駒、小さな部品ながら凝った造りをしている分、地味に高い(笑)
さし当たってよく使う物用の駒から揃える予定です。


これがあれば無音で金具を取り付けられるから何の気兼ねも無く夜中も作業できるし、何より打ち損じが無くなって節約にもなるのがうれしい所。
もっと早く揃え始めるんだった。。。

2015年12月14日 (月)

ハンドプレス

Pc121455

オークションで落札したハンドプレス。
どこかの工場で使われていたのかフットペダル用らしいリンクの付いただいぶ年季の入った品物です。
とは言え実用には困らないので、少しずつ駒を揃えてボタン類の取り付け精度の向上と音の出ない作業環境作りに役立てようと企んでいます。
もう一台あると効率が良いので出物チェックを続ける予定・・・こうして道具が増えていく・・・

と、言いながら実はこのハンドプレスは2台目なのです。
この道具は金具ごとに専用の治具を取り付けて使うのもので、取り付け部分の寸法は大体共通の物になっているのでメーカーが違っても使える物らしいのですが、一台目に購入した物は取り付け部分の寸法が小さな物で一般に売られている物が取り付けられない困った仕様でした。
これはこれで使い道は作れるから手放す予定は無いものの、すぐに使える訳ではないのでもうしばらくは作業台の下に置きっぱなしです。

中古機械は奥深い・・・(確認して買えばよいだけという話もある)

2015年11月13日 (金)

ロゴのスタンプ

Pb121356

今のロゴを作ってから紙袋に押すスタンプを作らないままでいたけど、デザインフェスタも近いからと以前発注したはんこやさんに注文。
版下をネットで送るだけなのでいつでも出来ると思っている内に、つい先送りしてしまうのは悪い癖です。

完成したスタンプの試し押しで来年のダイアリーの表紙にロゴを押してみると思いのほか良い雰囲気。
印面の中央が少し痩せているのか、かすれ気味の所が気になるけどそのうち馴染んでくるかもしれない。

さて、日曜は鬼子母神の手創り市。
天気予報が微妙な感じだけど、さてどうなることやら。

2015年8月10日 (月)

展示棚を兼ねたコンテナ作ってみました

P8080903


P8080905

P8080901_2
いわゆる「りんご箱」を素材に展示棚と移動中のコンテナを兼ねたものを作ってみました。
横にしても自動改札を無理なく通過できるという制約の中で作ったにしては良い物ができたかなと(仕上げはともかく)思っています。
取り外し式にした棚板を外して隅にまとめると、大き目のアマゾン箱とお店の備品など細々とした物も無理なく納まり良い具合です。
P8080904
ちなみに分割可能な丁番を使っているので、左右に分けて使うことも出来ます。
問題は木の箱なので防水性は期待できないから、何かしら防水対策を講じないといけないこと。(雨の中の撤収なんてこともあるので)
色の感じが今一つなのでもう少し手を入れてみようかなと企んでいます。

2014年12月20日 (土)

手縫いの道具(2)

Pc190538


前回の記事で大体の道具は紹介できたつもりだったのが、作業をしながら思い出したのがこの道具達。
画像の上の方にある白いものは接着剤を塗ったりするためのプラスチックのへら。
ゴム糊などの接着剤が付かない材質なので重宝しています。
狭い範囲に塗る時用と広い範囲に塗る時用(もう一本大きいものがあります)


その下にある頭の潰れたペンチのようなものは「くい切り」。
ファスナーの長さ調整をしたりカシメを取ったり、名前の通り”食い切る”ような場面で使います。


その下に並んでいるのは穴あけポンチ各サイズ。
セット販売の物を買っているので全てのサイズを使うわけではないけど、カシメやボタンの下穴あけ、座金など丸い部品を作るとき、パスケースの窓をカットする時の”角”の部分など使う機会の多い道具です。(と、言いながら100円ショップ工具が大半ですが。。用は足りてます)


右側のペンは「銀ペン」といい、革に型紙をトレースする時に使っています。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

最近の写真

  • P5103383
  • P4283330
  • P4263294
  • 18034209_743349212500375_4068367983
  • 18118934_743342185834411_4292418410
  • 18033143_741641982671098_6526750977
  • P4083290
  • P3253288_2
  • P3253283
  • P3253279
  • P3253278
  • P3133265