« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月26日 (日)

&scene手創り市(16/6月)

だんだんと屋外イベントが厳しくなる季節になってきましたが、今日は一日木陰に守られ快適に過ごすことができました。(居眠りしてしまうくらい・・・)

割合のんびりとした時間が多く、隣近所の出店者さんとお話出来たり楽しく過ごすことができましたが、革屋さん的に厳しい季節(暑い季節は中々手にとってもらえない)に入ったので結果は今一つという所でした。
経験を重ね季節ごとに手に取って貰える季節、そうでない季節があることが分かり始め、前ほど焦りを感じることも無くなって来たのかなという今日この頃です。

さて、来月以降の予定は・・・
HMJ2016と選考に通れば7月の鬼子母神、8月は夏のデザフェスとそれなりのボリュームのイベントに出店予定です。
メインの仕事も繁忙期を迎え詰め込みすぎたかと遠い目になりつつ、検討中の新作を形にしたいなと企んでいます。

2016年6月25日 (土)

明日は&SCENE手創り市

梅雨らしい天気が続いていますが明日はどうやら大丈夫そうな予報です。
そんな梅雨の中休みの日曜日、千駄木の養源寺で開催の&SCENE手創り市に出店します。
谷根千界隈の散歩かねがねお立ち寄り下さいませ。

ブース番号17番、多分木陰の下(希望・・・)でお待ちしています!

2016年6月22日 (水)

カラーオーダー

P6222133

プレゼント用にオーダーいただいた品物が出来上がりました。

実はコレ型紙はいつものものですが、素材を普段扱わないイタリアンレザーのグリーンで制作した物です。
定番化の予定の無い素材なので必要分だけカット革で仕入れたため割高になってしまいましたが(デシ単価も違うけど・・・)大人っぽい雰囲気に仕上がりました。

2016年6月19日 (日)

手創り市(16/06)

P6192124


P6192127


天気予報に脅かされていた程には暑くもならず、風通しの良い場所だったお陰で快適に過ごせた手創り市でした。
お昼過ぎからは目に見えて人通りが少なくなり、つい、日頃の疲れが出てしまったのかウトウトすることも・・・

終盤、雨の気配に背中を押されるように片づけを早め普段より少し早めの撤収になりました。
今回は普段より革の作家さんが多かった様な印象で、わき目でチラ見(笑)しながら感じたことは皆作風が違い定番のアイテムでもアプローチの仕方が違うんだなと改めて感じました。

自分の作風って何だろうと考えると返って分からなくなるのですが、シンプルで普通の物を丁寧に作ると言うことに行き着くのかな、なんて。

次回は26日の&SCENE手創り市。
千駄木の養源寺でお待ちしています。

2016年6月18日 (土)

ヘアゴム

P6182123

久しぶりに制作中のヘアゴム。
端切れで残った繊維の緩い革を活かそうとして、返って手間が掛かっている様ないないような・・・

革を3枚重ねた芯を挟み込んで立体感を出して縫い合わせた後、最後にゴムを付けて完成です。
かけた時間を考えれば結構な単価にしないと釣り合わないけど、捨てるだけの革を活かしたい想いを感じ取って貰えたらと思い、控えめな価格設定にしたいなと考えています。

独り言

16日の木曜日の午前中に革の見本市、久しぶりに東京レザーフェアに行ってきました。
色々見て回るのは目の保養になるし、何より勉強になる。
でも、空きブースが前より目立つような気がしたのは残念というか革を取り巻く状況がさらに難しくなって来ている印象を強く感じてしまいます。

革だけじゃなく身近なものを取り巻く状況も難しい(厳しいとは言いたくない)訳で、気がついたら欲しくても手に入らない、食べられない、見ることが出来ないというものが沢山ある。
自分が好きな物、大切な物が気がついたら無くなっていたなんて事にならないよう考え動いていかないといけないよね・・・と思う今日この頃です。

蒸し暑い夜、ビールを飲みながらの独り言でした。

野帳カバー・2

P6152116

試作品に続いての先行量産型野帳カバー(何か強そうな響きがする)
ネイビーとブラウンを一つずつ制作しました。
素材は定番の国産原皮のオイルレザー、敢えてやわらかめ・オイル多目な個所を選んでみました。
馴染みも早く面白い感じにこなれて来るんじゃないかと期待しています。

2016年6月11日 (土)

キーホルダーの続き

P6112101_2


P6112100


火曜日に作ったキーホルダー。
基本的な形は良いけどどこか物足りない感じがしてナスカンを加えた形に変え、ついでに色数も増やしてみました。

2016年6月10日 (金)

野帳カバー

P6092096

P6082093


P6082089


千葉は貴重な梅雨の晴れ間の金曜日。
洗濯や布団干しの合間に新作未満の新アイテムの紹介記事をポチポチと入力しています。

ブックカバー/ノートカバーは基本的な造りは同じなのでサイズ毎の調整だけなので作るほうとしては新作感が乏しい訳ですが、文具好きにはおなじみのコクヨの野帳シリーズ用のカバーを新しく用意しました。
サイズ的は2冊挿せるように作っているので使い勝手も良いんじゃないかなと思います。
1冊だけ挿して残りのポケットにA5サイズに印刷した紙を三つ折にしてしまったり、とっさの出し入れは無理だけど薄手のスマホを入れてもOK。
ペンのサイズも色々あるのでペンホルダー無しで作っていますが、付属のゴムバンドで一緒にペンを留めて使うのもざっくり使えて便利です。

2016年6月 7日 (火)

気晴らしキーホルダー

P6072084

このごろ同じ物ばかり作っているので気晴らしに作ってみたミニキーホルダーです。
素材は作業台の上に残っていた端切れとφ18の2重リングと小カシメの長足タイプ。

25mm×90mmにカットした革をベースになんとなく斜めになるようカットしてから曲がり癖がつくように表裏を貼り合わせサクッと縫い合わせ、2重リングを留めるベルト部分を10mm幅に切り出して現物合わせで位置決めしてカシメておしまい。(カシメる前に各パーツのコバを磨く)

小さな物だけどまあまあカッコよく出来たのではないかと思っていますがどんな物でしょ?

2016年6月 6日 (月)

写真

P6052082

光の具合が面白かったので鞄の写真を撮ったときの一枚。
最近のカメラはカラーモードが使いきれないほど多機能でフィルム時代が懐かしくなる今日この頃です。
「コレ」という設定を追い込んで使えば良いのだけど、カメラとPCのモニタ、プリンタとの色合わせ迄やらないと、なんて考え出すと切がないのでいつの頃からかあまり気にしなくなりました。

久しぶりにカラーモードを変えて遊んだ一枚。
コレはコレで悪くないかな。

2016年6月 3日 (金)

靴底の張替え

P6032156

はき始めて6年目のブーツの底の張替えが終わり仕事帰りに引き取ってきました。(自分で直したわけではない)
靴(服もそうだけど)を何足も持っていないので休ませながらはいたとしても痛むのが早く、2度目の張替えです。
それが多いのか少ないのかは分からないけど、何度も張り替えるなら新しい靴を買い直したほうが安くなるのを承知の上で履いています。

愛着ともったいなさとが入り混じった、そんな気持ち。
それに応えてくれるだけの耐久性があることが大前提ではあるのだけどね。
自分の作るモノ達も長く使い続けて貰えるだけのものを備えているのだろうかと考えながら今日もこれからチクチクと縫い仕事です。(色々忙しく作業時間が普段の半分くらいになっています。。。)

2016年6月 2日 (木)

6月のお知らせ

6月のお知らせ

6月19日(日)
手創り市 ブース番号113
今回は会場のはずれ駄菓子屋さんの裏手でお店を出します。
http://www.tezukuriichi.com/0619.html

6月26日(日)
&SCENE手創り市 ブース番号17番
http://www.andscene.jp/0626.html

雨の季節を迎え中止になるかもしれませんがぜひお立ち寄り下さいませ。

2016年6月 1日 (水)

夜間作業中心なので

P5302148

昼間の仕事を終わらせてからの制作なのでどうしても夜遅くに作業しなければ捗らないので、頻繁に使用する金具だけでもハンドプレスでかしめられる様に駒を少しずつ揃えています。
お陰でどんな遅い時間でも気兼ねなく金具を付けられるようになり能率アップ。(これで睡眠時間も増やせるか・・・)

これから雨の季節を向かえ夏を迎えると、イメージ的に暑苦しい印象を持たれる革製品に目を向けて貰い辛い季節になるのですが閑散期(?)こそ定番品のストックを作る良い機会だと思いこつこつ制作を続けています。

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

最近の写真