« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月22日 (日)

手創り市(16/05)

P5222034

今日はパン祭りの熱狂を脇目に本堂前の木陰でまぁまぁのんびりと過ごせた手創り市でした。
以前お買い上げいただいた方が使い込まれ良い顔に育ってきた革小物たちを連れて遊びに来ていただけて、作り手として嬉しい一日でもありました。

6月の予定はまだ決まっていませんが、選考に残れば手創り市に出店予定です。
それまでに色々減った在庫の補充と幾つか暖めている品物を形に出来たらなと企んでいます。

2016年5月19日 (木)

日曜の手創り市に出展します

急なお知らせとなってしまいましたが、5月22日の鬼子母神の手創り市に出店することになりました。 選考に漏れていたので油断していましたが補欠・・・繰上げ(?)というところでしょうか。 何はともあれ9時から16時までの間、雑司が谷の鬼子母神でお待ちしております。(ブース番号は34番です)

2016年5月18日 (水)

コインケース、3サイズ

P5162024


P5162027


L字型のファスナー付きのコインケースは仕切りポケット付のLサイズと先日企画したSサイズの2サイズ展開でしたが、中間のMサイズも制作可能です。
とはいえ在庫を幾つも持ちづらい事もあり受注制作扱いにしようか、それとも定番化しようか考え中。。。

Lサイズは2つ折にしたお札とカードも2~3枚収納できるサイズなのでメインの財布としても使えるもの。
Sサイズはコイン専用で、大小合わせて20枚くらいは入るサイズ感。
Mサイズはその中間だけどお札とカードは入らないサイズ。

使いやすいサイズは人それぞれで絶対的なものが無いから色々なサイズを揃えたくなるけど、きりが無いのだよね。。

2016年5月15日 (日)

妙典なかなか小町

妙典なかなか小町、無事終了しました。
イベント自体は15日まで開催です。

雰囲気のある蔵と畳敷きのサクラホールと分かれての開催でしたが近隣の方を中心としたお客さんが多いのかなれた感じの方が多いような印象です。
小さな子供連れの親子さんが多かったのが他の手作り市と違う感じで新鮮でした。
来場者数は少なめで結果としては今一つでしたが楽しく過ごすことが出来ました。

ブログの記事を見て遠方よりわざわざ訪ねて来て頂いた方もあり、ありがたいなあと思いつつ眠気も限界を迎えつつあります・・・(微力ながら協力させて頂きます!)
(来月は選考に残れれば鬼子母神と&SCENEに出店予定です、どうなることやら)

2016年5月13日 (金)

明日は・・・

13087118_1261518020542574_636934141

明日は東京メトロ妙典駅より程近い妙典なかなか小町の手作り市です。
久しぶりの県内出店、楽しみにしています。
市川景観賞(建造物部門)を受賞したという街並みのお散歩かねがね遊びに来て下さいませ。

当日は2つある会場のうちサクラホールでお待ちしています。(10時から16時開催です)

2016年5月11日 (水)

製作中の写真

P5101862

あまり製作中の写真を残したことが無いような気がするので今回製作したコインケースの製作中の写真を一枚。
鯵の開きならぬ財布の開き・・・
L字型にファスナーを付ける方法を覚えると財布以外にも応用が利いて作る物の幅が広がります。

コインケース

P5111866


P5111884


P5111877

コインケースの量産版。
65mm×65mmのコンパクトサイズでコインは大小合わせて20枚ほど収納可能です。
写真はナチュラルですが、今回は他にネイビー、黒、茶の合わせて4色で製作しています。

2016年5月 9日 (月)

ホームページ

今月はイベント出店も一回だけなので在庫作りに追われることも無く、まあまあのんびりとした感じでいます。
こんな時だからこそ時間が無くて手を付けられなかったあれやこれやに取り掛かれるという訳で、簡単なものですがホームページを製作中です。

あまり凝ったことをするとどうにも回らなくなるのは経験済だからJimdoのサービスを使いつつ、あまり更新の手間のかからないよう考えています。
(カタログ的なページを作って完成予定なので、今のところは未公開扱いです)

2016年5月 7日 (土)

リングノートカバー

P5071859


P5071856


オーダーいただいてから長いことお待ちいただいてしまったリングノート用のカバー。
以前製作したリングノート用のカバーの記事を見てオーダーいただいたもので、今回はショットノートのB5版という特殊なサイズ専用品としての製作でした。

こちらのアイテムはリングノートの「表紙が折り返せる」機能を損なわないよう表紙・裏表紙に別々のカバーを差し込む様にして使用します。
今回収めるノートは裏表紙がしっかりとした厚紙仕様だったので、表紙用のカバーと少し作りを変えないと収まらない少し困った仕様の品物。
裏用を表に使うとゆるゆる、表用を裏に使うと入れ辛い(無理に入れるとゆるゆるに・・・)ので、間違わないよう表紙側に飾りステッチを入れてみました。

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

最近の写真