« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月28日 (日)

&scene手創り市(16/2月)

P2281717

手創り市の最中に雪がちらついた事もある2月とは思えない暖かさの中スタートしたものの、じわりじわりと気温が下がり、それでも例年よりは暖かい、そんな一日でした。 養源寺は鬼子母神の手創り市と比べると規模も小さく、その分のんびりとした空気感で好きな会場です。


今日は行きの電車でゆっくり休みたかったので総武線で飯田橋まで出て南北線で本駒込の駅というルートを選択。(普段は京成で日暮里まで出て歩いて養源寺へ) 飯田橋の駅はどうも苦手で、大荷物を持っての移動に向かない駅・・・なぜ地上から地下へ降りる下りのエスカレーターがない!?(エレベーターが1基あるようだけど。。。) それだけでなく本駒込駅のエレベーターが工事中で使えず、大荷物を抱えて階段を上り下り。 なんだかんだと日暮里から歩くのと変わらない位疲れたような気がします。。。


そういえば養源寺の参道から見える街路樹のコブシが咲き始め、帰りに寄り道した上野公園の入り口では早咲きの品種なのか桜が咲いていました。 いつもより暖かい印象の冬はもう終わり、なのかな。 選考に通れば次の予定は3月の手創り市、さすがに無いとは思うけど桜を見ながらの出店になったりして。

2016年2月27日 (土)

気分転換

在庫補充も山場を迎えた金曜日。
久しぶりに映画を見てきました。(おい)
SF好きとしては見逃せないと思っていたマット・デイモン主演のオデッセイ。
あれこれ書くのはネタばれになるのでぜひ見てくださいとしか言えないけど、救援物資を載せたロケット打ち上げが失敗したときに手を差し伸べた国とその描かれ方に時代の変化と希望(要望?)が色濃く出ていたというのは個人的な感想。

ラストシーンで地球に帰還した主人公が火星探査候補生を前に生き残るための心構えを話す所。
絶望的な状況に諦めるか、抗うか。
抗うのならどうするのか。
思い通りに行かないことはいくらでも有るけど、火星に取り残されるようなありえない状況でも、日常の中でも答えは同じ。
出来ることを一つ一つ解決していく。
その積み重ねだということ。


買い物と映画で使った時間を追いかけて、どうにか在庫作りもひと段落。
プラスアルファの部分を段取りして今日の作業を終わりにしよっ

2016年2月22日 (月)

事務的な日

P2221711

夕べは早寝するつもりでいたのが、パソコンのアップデート祭りで細々としたことに手を付けられず結局いつもと変わらぬ午前様。

日曜の&SCENEに向けての在庫の仕込みと合わせて面倒な鞄のショルダーストラップの仕込を先行して済ませた後は先々のイベントに向けての書類書き。
週に一度は製作よりも事務的な作業の比率の高い日を作らないとだんだんと仕事が溜まって回らなくなるのはどの仕事も同じ。。。楽しみの前の下準備、早く終わらせよ。

手創り市(16/02)

P2211708

暖かく晴れるという予報は気のせいだったのか、そう誰もが思ったに違いない、そんな手創り市の日曜日でした。
去年の2月、あの一日中日陰で震え上がった事を思い返せばまだまだ快適だった訳ですが、まさかの雨、忘れたころに吹く突風と落ち着かない天気に振り回されぐったりです・・・

今回はいつもより革系の出展が多かった印象でしたが、普段より多くの方とお話しすることが出来て楽しい一日になりました。
次回は28日の&SCENE。
在庫の補充を出来るだけ進めて当日を迎えたいところです。

そろそろ眠気が限界・・・今日もありがとうございました。

2016年2月20日 (土)

外はザーザー降りの雨

外はザーザー降りの雨ですが夜のうちに上がるという予報。。。明日の手創り市は予定とおり開催されるんじゃないかなと思います。


毎回悩む新作の価格設定も一応終わり、万年筆などに丁度良いペンケース、カメラ用のハンドストラップ、ほぼA4サイズのトートバックと新作も少し用意できました。 自分で言うのも変ですが、新作が3つも並ぶこのチャンス。 ブース番号123番、本堂脇の一角でお待ちしています。

シンプルな長財布(オーダー品)

P2191703

P2191705


オーダー頂いた長財布も無事完成。
かなり割り切ったシンプルな仕様での製作でした。
ゼロベースでのフルオーダーは中々対応できませんが、定番品をベースにした改設計レベルのものであればお時間はいただいてしまいますが製作可能です。

2016年2月18日 (木)

トートバック

P2171700


面白そうだなと買ったまま使う機会の無いままでいる素材が幾つかあります。(欲しくなるのですよ、色々と・・・)
このかばんの素材もその一つ、薄手の革にワックス加工を施したものでとても手触りの良い仕上がり。


ちょうどA4サイズ相当のトートを一つ形に出来るだけの量が残っていたので、簡単な造りの物ですが仕立ててみました。
張りのあるヌメ革で持ち手を作りましたが、材料に余裕が無かったのでちょっと短めの仕上がりです。
欲を言えばもう5cm位長く作ることが出来ればトート本体の皺の入り方や持ち手そのものをもう少し自然な取り付け方が出来たのにと思いますが、今回は仕方ない。


肩掛け出来るようショルダーベルトを付属させる予定ですが、こちらはナイロンテープの簡易的なものにする予定です。
持ち手の部分以外は基本的な設計に問題無いので、反響を見て別の素材でもう一つ作ってみようかなと思います。
ショルダーベルトが間に合えば21日の手創り市に持っていける、かな。。。(値段も計算しておかないと)

2016年2月11日 (木)

お知らせ

只今、パソコンが起動しないトラブルが発生しています。
細々とした作業に支障が出てしまい、先ずはこのトラブル対策を優先して終わらせます。
制作は来週から再開予定です。

病気の次は故障とは・・・ついていない

リハビリに

P2101699


7~8年ぶりにインフルエンザに罹りました。
早めに病院へ行けたので記憶に有るほどには酷い目にあわずに終わりましたが、39度近い熱を出しながら土曜の夕方(6日に発症したのです)でも診察している隣の区の病院へ自転車で向かい、調剤薬局の長蛇の列に並びきれず地元の薬局へ向かうものの、たどり着いてみれば閉まったばかりであったり(結局、隣町の薬局へ)と中々経験できないタノシイ時間を過ごしていました。


さて、リハビリ代わりにダウン前に仕込んでいたものなどの制作を済ませました。
カメラのハンドストラップのステッチと金具の色違い1本ずつ。
クラシカルなアンティークゴールドの金具を使った物と、少しライト名感じのものを試作品で感じた遊びの多さを減らしたバージョンとして制作しました。
クロムめっきの金具って久しぶりに使ったかな、これはこれで良い感じです。


コースターはノベルティ用にと思い制作しました。
お腹周りのかなり繊維のゆるい個所の物を使っているので耐久性はそれなりかと。。。水滴の付いたグラスなどで使うのには向きませんが、コーヒーや紅茶など温かいものに使って頂く分には問題ないでしょう。
故に売り物ではなくプレゼント。(配る基準は・・・気分、じゃだめか)


半裁の大きな革を買うとどうしても製品に出来ない(し難い)部分の革が出てしまい、残して置いても使い道が限られ、さりとて捨てるに忍びない。
そういった”微妙な”部分を使っているので、硬かったりふかふかだったり一枚ずつ様子が違ってしまい商品としては胸を張って送り出せない訳です。
出来るだけ素材を無駄にせず形にして送り出したいというワガママにお付き合いして貰いたいなという所です。


ふと、自転車につけたメーターの数値を見るとあの日病院と薬局を求めて苦闘した走行距離・・・10.5km。
ほ、褒めてもいいよね・・・自分を。

2016年2月 5日 (金)

続・万年筆用のペンケース

P2051691


P2051694


先週制作した万年筆用のペンケースを練習兼ねがね2色2本制作しました。
型紙としては問題ないけど作り方にコツが要る、そんな感じ。


万年筆一本で使うのが本来の想定だけど、3色ペン的なものとスリムタイプの消しゴムとセットで使う方法もカバンの中身の軽量化に役立つのでお勧めです。
これにA5~6くらいの小さなノートを組合わせて旅先でのメモや落書きに使うのも良いかもしれない。(そのサイズのノートカバーを考えないと・・・)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

最近の写真