« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月28日 (金)

ネーム入れ

P8280980

10ptのCentury old style の活字を手に入れました。
ほとんど趣味の領域の買い物ですが扱いに慣れて来ればネームの刻印が出来るようになる見込みです。
とは言え細かい活字を拾い版を組むのが思いのほか大変なのと、活字をセットする治具を考えないと駄目きれいに文字入れするのが難しそうで、正式サービスとするのはちょっと先になりそうです。(写真はA7ノートカバーの袖にサンプル押ししたものを乗せたところ)

2015年8月23日 (日)

&scene手創り市(15/8)

P8230969

P8230970

P8230965_2

うるさいほどのセミの声に包まれた養源寺の境内。
今日は夏の終わりと秋の始まりを予感させる過ごしやすい一日でした。
お客さんも出店者もいつもより少なめな印象でのんびりとした空気が漂う会場と裏腹に、空の様子はモクモクと不穏な雲が見え隠れ。
そのたびにスマホのアプリを確認し雨雲の行方に一喜一憂。
なんだか落ち着かない気持ちのまま終わりの時間のちょっと前にお店を片付け帰り道に着きました。(かすかにゴロゴロ聞こえていたような)

今回からお品書き的なものを書こうとA2サイズのボードを持ち込んでみました。書き方など研究の余地ありだけど他にやっている人も見かけないので良いアピールになるんじゃないかなと思っています。


次回出店予定は9月6日、調布の布多天神社つくる市です。
こちらからだと大分遠いけど、乗り換え一回で行けるので何とかなるかなと。。。
初めての会場なので楽しみにしています。


よく晴れた午前中、どんよりとした午後の空。
空を写した二枚の写真、何はともあれ降られずに済んで良かった。


P8230973_2
P8230974

2015年8月22日 (土)

革巻き南京錠

P8220964


市販の南京錠に革を巻いただけといえばそれだけの物だけど端切れを使って形にしてみました。 案外、可愛い感じになったんじゃないかなと思っていますがいかがでしょう?
メインキーは同色の革でキーキャップを付け、キーホルダーに留めやすいよう真鍮のリングを通しています。

2015年8月21日 (金)

23日は&SCENE

お盆時はどうしても忙しく制作まで手が回らないのは毎年のことと言いながら、什器を作ったり看板を考えたり革以外の部分の作業に時間を振り分けています。


物を作るだけでなくどう見せていくか。 その試行錯誤の第2段階、次のイベントのお知らせです。


8月23日(日) &SCENE手創り市 ブース番号18 東京千駄木 養源寺境内

9:00-16:00

最寄り駅は南北線本駒込駅ですが、日暮里駅から谷中~千駄木と散歩しながら遊びに行くのも楽しいです。 会場では恒例の本堂ライブ、手づくり体験のワークショップ(今回は青竹で作る籠や箸)もありますので遊びに来てくださいませ。

2015年8月10日 (月)

展示棚を兼ねたコンテナ作ってみました

P8080903


P8080905

P8080901_2
いわゆる「りんご箱」を素材に展示棚と移動中のコンテナを兼ねたものを作ってみました。
横にしても自動改札を無理なく通過できるという制約の中で作ったにしては良い物ができたかなと(仕上げはともかく)思っています。
取り外し式にした棚板を外して隅にまとめると、大き目のアマゾン箱とお店の備品など細々とした物も無理なく納まり良い具合です。
P8080904
ちなみに分割可能な丁番を使っているので、左右に分けて使うことも出来ます。
問題は木の箱なので防水性は期待できないから、何かしら防水対策を講じないといけないこと。(雨の中の撤収なんてこともあるので)
色の感じが今一つなのでもう少し手を入れてみようかなと企んでいます。

8月9日(日)下北沢大学MOTTAINAIてづくり市

昨日の下北沢は幾分暑さが和らぎ(馬鹿みたいに暑い!から暑い!に変った程度・・・)、時折吹く風にひんやりとした物を感じる瞬間も気のせいじゃない位にはあった、そんな陽気でした。
とは言えトイレにも行かず2リットル以上の水分が汗に変る厳しい環境、立ち寄るお客さんも聞いていたよりも少ない印象でした。

そんな中でもブログを見て訪ねてきてくれた方や待ち合わせの時間を過ぎてもどちらにするか迷われた方(大丈夫だったかな)など条件を考えれば良いお仕事になったかなと一晩明けて感じています。

2015年8月 5日 (水)

ボックス型コインケース

P8040897


P8040892_2

しばらく欠品したままになっていたボックス型のコインケースの再製作に合わせデザインのリニューアルをしてみました。
以前の物はカブセをスナップで留める物でしたが、今回の物はベルト通しギボシで留めるように変えレトロなイメージで形にしています。
レバーナスカンをベルトに通し腰に下げられるにしていますが、これを標準仕様とするかオプションとするか少し迷っています。


画像の物は試作をかねた自分用なので繊維のゆるい部分の革を使っていますが、これはこれで好きな人が多いんじゃないかと思うくったりとした仕上がりです。
(ちなみに手のひらサイズの大きさで小銭20枚ほどの収納力です)

2015年8月 1日 (土)

ハヤカワトールサイズ用ブックカバー

P7310857

ハヤカワトールサイズ専用のブックカバーのオーダー分完成しました。
背表紙の切り返し部分をご希望にあわせキップヌメのナチュラル、ステッチは生成りの糸で制作しました。
発送準備を済ませお届けいたします。

(こういった特殊サイズのカバーの制作も対応可能です)

革のコースター

P7290843

馴染みのバーへ納めてきたコースターの追加分。
お店で蜜蝋ワックスを塗りこみ味出しと気持ちばかりの水濡れ対策して完成。(写真は製作途中のものと完成品半分ずつ)

バーの営業で使うものなので使用頻度が高く傷みが早くなってしまい消耗品的なものになってしまうのは仕方が無いけど、首筋やお腹の周りの繊維のゆるい革やどうしても出てしまう端切れを廃棄してしまうくらいなら、たとえ消耗品になってしまうとしても気持ちをこめて形にし、半年でも一年でも役に立たせてあげたいという作り手なりの思いです。

ちなみにこちらのお店で使っていただいています。
リトルフェイバリット⇒https://www.facebook.com/bar.littlefavorite?fref=ts
千葉・幕張方面へお越しの際は是非。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

最近の写真