« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月30日 (火)

&scene手創り市(15/6)

P6280760


P6280763(/p>

終わってみれば終日夏日の手創り市。
途中、雨の気配にブースの模様替えをしたりしたものの1ヶ月ぶりの出店を楽しく終えることができました。
丸々日向だった時間は短かったとは言え、一日外に立つのは厳しい季節になってきました。。。7月8月の暑い季節、乗り切っていきましょう。(夏生まれでも暑さは苦手デス。。。)


次回出店は7月26日のHMJと選考に通れば20日の鬼子母神の手創り市を予定しています。
定番アイテム+αで出動予定です。

2015年6月27日 (土)

コインホルダー(オーダー分)

P6260756


P6260757


オーダー分のコインホルダー完成しました。
今回の製作分よりコイン収納ポケットの口元を変更してしっかりとコインを仕舞えるように改良しています。

コインホルダーは500円玉を2枚収納できるアイテムです。
うっかりお財布を忘れてしまったときでも、コレさえあれば大丈夫!
もしもの時のお守り代わりに便利です。

サコッシュの量産版

P6220737


P6220743


サンプル製作後あちこちで好評価いただいているサコッシュを2点製作しました。
基本的にサンプルと変りませんが、ベルトの金具位置などを見直し見た目のバランスを整えました。

手づくり市用とiichi/cucuru用の在庫にする予定です。

2015年6月22日 (月)

天気には・・・

6月の鬼子母神の手創り市は天候不順で中止。
自宅周辺は夕方まで雨らしい雨も降らず未練が残ってしまうけど、気象レーダーの画像を見る限り中止で正解。。。気を取り直して7月の応募の準備を進めないと。
7月は選考に通れば鬼子母神の手創り市と、こちらは確定情報として東京ビックサイトで行われるHandMade In Japan Fes' 2015、7月26日(日曜日)の回に出店します。
ブース番号は未定ですが、デザフェス同様楽しい一日になるんじゃないかと期待しています。
次回出店は6月28日の千駄木・養源寺の&scene手創り市です。
週間予報を見る限り微妙な感じですが、新作と新しい革で作ったものを幾つか持ち込みたいと思います。

2015年6月19日 (金)

A7ノートカバー追加

P6190736

こちらも定番のA7サイズのノートカバー。
キャンパスノートなどA4サイズのメモ帳用のカバーですがスイカやパスモを入れてカードケースとして使うのも便利です。(メモ帳とカード併用可)

素材の都合でこのカラーはしばらくお休みになります。

ネイビーブルーの名刺入れ

P6190723


P6190720


定番アイテムとして長く作っている名刺入れを新しい革のテストを兼ねて製作しました。
重厚感のあるオイルレザーに絞り加工を施した素材は一つ一つ皺の入り方の異なる表情。
光の当たり方で濃い緑にも見える深みのあるネイビーブルーと内装のナチュラルカラーのコントラストが良い雰囲気です。

2015年6月11日 (木)

サコッシュ

P6110673


P6110689


小さな鞄を作るのが好きです。


以前は過剰なくらい物を持ち歩き、その重さに満足していた様なこともありましたが、一つ、また一つと鞄から物が減っていき今では大分シンプルな持ち物になってきました。
自転車やバイクのツーリングではさすがに減らしすぎてしまい、出先でのトラブルに対応できない心配もあり考え直さないといけないけど、日常プラスαの範囲では財布と携帯、メモ帳か文庫本があれば充分。
だからという訳なのか、荷物が減る度に一つ小さな鞄が増えてきました。


今回製作したのはサコッシュと呼ばれる型のショルダーポーチ。
元々は一日に200km近い距離を走りぬく自転車レースなどで補給食などを選手に手渡す際に使われる布製の簡素な鞄で、補給が終わったら路上に投げ捨てられる(それをファンが拾う)様なものです。
シンプルで使い勝手も良いせいか大分一般的になってきた気がします。


先日仕入れた革の中に床革を染め、オイルとワックスとで仕上げたベロア調の革があり、素朴でアンティーク感のある風合いとサコッシュのモチーフが合いそうで革の使用感を確かめるのと合わせサンプル製作しました。
1stサンプルとしてはまずまず、かな。(少し使ってみてから量産予定です)

2015年6月 9日 (火)

久々に半裁の革

P6090641

先週仕入れてきた革の漉き加工が終わり改めてのご対面。
素材でここまでワクワクするとは思わなかった。
さて何を作ろう。

ネイビーブルーの革は一枚一枚表情の異なる絞り加工が施されたもので、表面積の大きなトートバックに使うと面白いんじゃないかなと思っています。
ブラウンの革はちょっと珍しいもので、通常なら廃棄されるであろう床革を染めオイルとワックスで仕上げたビンテージ感あふれるベロア調の素材です。
強度的にもブーツに使えるほど(材料取りを間違わなければ)とのことなので色々楽しみな素材です。

2015年6月 6日 (土)

P6060635


欠品しているドイツホックを使った長財布を2色製作しました。
元々は手づくり市などに出店したときのレジ代わりにと企画したもので、細身の肩紐を取り付けお財布ポーチとして使えるようにしています。
内装はファスナーポケットを中心に札入れなどに使いやすいオープンポケットとカードポケットが2ヶ所のシンプルな造りですが、その分使い方を限定せず自由に使えるかなと思っています。

P1280059

2015年6月 5日 (金)

仕入れ

P6030629


P6030630


ある程度基本の型が身に付くまでは個性的な革を使うことを意識して避けてきた事もあって、割合あっさり目の品物ばかり作ってきました。
少しずつではあるけど「革に振り回されない」自信のようなものが付いてきたタイミングでとある問屋さんと出会うことになりました。


荒川のほとり、東墨田にあるアイズ・レザーさん。


立ち上げからまだそれほど経たれていないようでしたが、それぞれ味のある個性的な革を揃え、作り手としてワクワクを通り越しニヤニヤさせられる愉快な革と気さくなスタッフの皆さんとの出会い。
予算の都合であれもこれもとは行きませんでしたが、これからの楽しみが増えた問屋さん訪問でした。

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

最近の写真

  • Pa184227