« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月27日 (金)

設計ミス・・・

P3260435


スリムで薄手な長財布を企画中。
カードポケット8枚分、小銭入れ、札ポケット2ヶ所と必要充分な収納力を持たせてみたものの・・・


P3260436


スライダーが邪魔をしてカードポケットが一つ使えない設計ミス・・・
内装は左右対称でなく、スライダー分オフセットさせないと駄目だったようです。
新しいものを作るのは大変だけど、決まったものを作るより一つ一つの作業が新鮮で、楽しいです。
さて、図面を直すとしますか!

2015年3月24日 (火)

検討中

P3240431

カバンを設計中です。
実際に革を切る前にペーパクラフトで雰囲気を見ながらの試作。
この手順が一般的なものかどうかは分からないけど、いきなり革を使って試作するよりロスが少ないんじゃないかと思っています。

2015年3月22日 (日)

文庫ノートのカバー

P3220421


トラベラーズノートからの流れでミドリのMDノートが好きです。
必要も無いのにノートやペンが欲しくなることは大分減ってきたけど、何か新しいことを始めようとしたり、上手くいかないことがあると新しいノートを買って心機一転、まっさらなページから始めれば変れるんじゃないか・・・そんな思いを感じたりしませんか?
そういう悶々とした気持ちを抱えて買ったMDノートの文庫版用にカバーを作りました。
他の文庫ノート(A6版)でも使えるかはこれから検証しなければという所だけど、初めて作った革小物でもあるブックカバー初版を今の技術で復刻させたデザインとし、最近好んで使っている柿渋+オイルを斑の出るように塗りこんだヌメ革で仕立てました。
大きな修正箇所はないから4月のイベントに向け、様子見兼ねがね幾つか製作してみようかなと思っています。
文庫本用としても使えなくは無いけど、出版社ごとに微妙に異なる高さを見越したサイズになっていないから使えるもの使えないものが分かれてしまうかも知れない。

P3220424A7ノートカバーと同じ仕様でペンをかんぬき代わりにして表紙を閉じるようにしています。

P3220427
1ヶ月ほど使用した柿渋+オイル革で作ったキーケースとの色の違いです。
放っておいても色の変るナチュラルをベースにしているので色の変化、いわゆる味が出てくるのは速い感じです。
使う前にお日様にあて、柿渋をよく発色させてから使うのがポイント。

2015年3月16日 (月)

A7ノートカバー(特注仕様)

P3160393

iichiでオーダー頂いたA7サイズのノートカバー。
ペンホルダー部を14mm径のペンが挿せるようにとのご希望にあわせての製作です。
お待たせしました。

2015年3月15日 (日)

手創り市(15/3)

P3150387


どんより、ぱらぱら。
今日の手創り市のキーワード。

昨日の予報では暖かく晴れるとなっていた記憶があったものの、実際ふたを開けてみたら寒く、今にも振り出しそうな不穏な空模様。
設営を終えてさて朝ごはんと思うまもなく首筋に冷たい一滴が・・・雨が降ることをまったく想定していなかったので、急遽コンビニに走りポリ袋を買い急ごしらえの雨対策。
お昼過ぎまで降ったり止んだり、一時は目で見えるほど雨がぱらつく始末。
後半戦になる頃には持ち直し、日が差し始めると合わせるようにお客さんも増えて来ましたが成績は今ひとつ。。。


そんな一日でしたがうれしい出来事もありました。
以前サンプル製作したお財布ポーチをお買い上げいただいた方が隣のブースで出店されていたこと。見違えるほど使い込まれ雰囲気を増したお財布ポーチの姿にただただ嬉しさで一杯になりました。
そしてIDケースをオーダーいただいた方よりの缶コーヒーの差し入れ。
使っていただいている姿と暖かな差し入れ、嬉しかったです。


P3150391そしてこちらはおまけ。
いつも声だけ聞こえる鬼子母神のワカケホンセイインコの姿を確認。
デジタルズームで2倍、そこから更にトリミングして切り出しているのであまり良い画質ではないけど、ずんぐりとしたインコ体型(笑)そして特徴的なインコ歩き(?)も見ることが出来、インコ好きとしても満足に一日でした。(自然系の話も出来る革小物屋さんです。。)

 

2015年3月14日 (土)

ヌメ革

P3140381

生成りのヌメ革(何かへんな言い方だけど)と一言で言ってもタンナーさんの違いなのか、使い込み加減の違い以上に雰囲気が異なります。
この辺が染めた革と違う面白さだけど、手づくり市みたいに屋外のイベントでは並べるのをためらってしまう所もあって作り手側としては悩ましい所です。(写真は自分用に下ろしたものとサンプル品なので販売用とは少し違うところがあります)

明日は鬼子母神

P3140385

予報が落ち着かず気をもまされましたが、明日の鬼子母神は良い天気に恵まれそうです。
色々忙しく製作時間の確保が難しいのですが、どうにか新作と在庫補充分を少し作ることが出来ました。
さて、明日はどうなることやら。

2015年3月 9日 (月)

3年連続の

革の問屋さんから一通のメールが。。。内容は春に2割程度の値上げの予告。
おととし去年と2割ずつ、計4割上がり、更に今年も。
革は原皮、なめし剤をはじめとする薬品類の大半を輸入に頼っている現状があり、円安の影響を強く受けてしまうのはやむを得ないと理解していても、値上げのペースに対応できるかと言えば正直厳しい。
さて、どうしたものか。

リビングワークショップス 1st

昨日は初めての街・学芸大学でワークショップの講師のお仕事でした。
といっても生徒さんはお一人、一対一のワークショップでした。

しっかりとした品物を教材に使うのは初めてで、正直なところ手探り状態のまま現地に向かいました。

「不器用なんです」と言いながらも飲み込みの速い生徒さんに助けれられながらも、本体を縫っている途中で時間切れになり、最後は宿題になってしまいました。
教材の難易度、事前の仕込み加減などなど、当たり前だけど自分ひとりで作るのとは違う、教えるための工夫が足りなかったなと反省。。。

自分ひとりで作っているだけでは見えてこないもの。教えるためには物事をより深く理解していないと出来ないこと。そんな当たり前のことに気づけた一日でした。

2015年3月 3日 (火)

コインホルダー

P3030124


P3030125


昼間の仕事にエネルギーを取られ革の仕事がペースダウン中です。
と書きながらそれが本来の状態だったっけと思い直してみたり。。。
鞄作りの方は一つ基本構想がまとまったのでそろそろ手を動かそうかと言うところですが、気分転換にこんなものを作ってみました。


500円玉2枚仕舞えるキーホルダー。


時々ブログの記事にしていますが、自転車やバイクで一人遠出をすることが好きです。
トラブルが起きないよう気をつけ、準備をしていたとしても何が起こるかその時になるまで分かりません。
500円2枚、1000円有るか無しかの違いでその後の展開が大きく変る事だってある。
そんな時のお守り代わりになれば・・・という品物です。

基本的なところは1stサンプルの通りで問題なく、作りやすさと精度の維持のためのアレンジを加えればOKというところ。
2~3個作って反響を見てみようかな。

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

最近の写真