« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月28日 (日)

&scene手創り市(14/12)

Pc280670

今日の&scene手創り市が年内最後の手づくり市でした。
午前中はお日様の当たるまずまずの環境でしたが、午後になると境内の楠(根元が幹の倍くらい太い不思議な形)の陰に入りとにかく寒い。
腰の具合も不穏な気配を隠すことなく違和感を発し、座ることもできないまま過ごすことになりました。
今回は本堂ライブ3本、野菜市といつにも増して盛りだくさん。とは言ってもあまり出歩けず、荷物も増やせずで何もできませんでしたが、雰囲気だけは楽しめました。
たくさんの方にお立ち寄りいただき、一年の締めくくりとして無事に活動を終えることができました。
GrowthringLeatherworksに関わっていただいた多くの方のお陰で一年を無事に終えることができました。
ありがとうございました。
そして来年もよろしくお願いいたします。

2014年12月26日 (金)

製作以外にも

Pc240664

一人で製作して販売もしているので、製作以外にも値札を作ったり、紙袋にスタンプ押したり、買出しに出かけたりと目に付かない地味な作業が多いです。
製作の合間合間に他の作業を終わらせたり、企画したり・・・今日は早めに寝よう。

ネームタグ

Pc250667


定番アイテムのパスケースの図面データをうっかり消してしまったようで型紙から再作図したついでにミニチュア版を作って遊んでしまいました。
サイズ的にネームタグと呼ぶことにしましたが、実用性は”?”・・・たまにはこんな小物作るのも楽しくてよいですね。(端切れ使って4色揃えてしまいました)


Pc250668


大きさは30mm×50mmほど。
手に乗せるとこんなサイズ感になります。

2014年12月20日 (土)

L字ファスナー小銭入れ(在庫補充)

Pc190540

本業や普段の生活の細々とした出来事が重なりこちらの仕事は少し停滞気味。
今日も細々と在庫補充です。
今回の補充分、ネービーブルーはファスナーと同色の糸でカジュアルな感じを。
ナチュラルは生成りの糸を使い、使い込んできた時に糸が浮き出て見えるような感じを狙ってみました。

手縫いの道具(2)

Pc190538


前回の記事で大体の道具は紹介できたつもりだったのが、作業をしながら思い出したのがこの道具達。
画像の上の方にある白いものは接着剤を塗ったりするためのプラスチックのへら。
ゴム糊などの接着剤が付かない材質なので重宝しています。
狭い範囲に塗る時用と広い範囲に塗る時用(もう一本大きいものがあります)


その下にある頭の潰れたペンチのようなものは「くい切り」。
ファスナーの長さ調整をしたりカシメを取ったり、名前の通り”食い切る”ような場面で使います。


その下に並んでいるのは穴あけポンチ各サイズ。
セット販売の物を買っているので全てのサイズを使うわけではないけど、カシメやボタンの下穴あけ、座金など丸い部品を作るとき、パスケースの窓をカットする時の”角”の部分など使う機会の多い道具です。(と、言いながら100円ショップ工具が大半ですが。。用は足りてます)


右側のペンは「銀ペン」といい、革に型紙をトレースする時に使っています。

2014年12月16日 (火)

手縫いの道具

Pc160534


普段の製作に使う基本の道具を並べてみると想いの外少ないものだなと思ってしまう。
この他にはヤスリと木ハンマーとボタン付けやカシメを留めるための専用の打ち具やA4とA3サイズのカッターマット、30cmと60cmのステンレスの定規、A4サイズくらいのゴム板、小さなガラス板、コバを磨くための布と樫の丸棒がある位。
コバを染める染料や麻糸、蜜蝋、接着剤(ゴム糊や木工ボンド、サイビノール)、コバや床を磨く薬剤(トコノールを使っています),紙やすりが大体の消耗品。


Tool


1:革包丁
2:ハサミ(大きい物も使います)
3:ゴム板(目打ちを打つ際の下敷きに)
4:針(革用の先端の丸まっている物)
5:自作の目打ち
6:菱目打ち(小物用とカバン用で目の間隔を使い分けています)
7:菱きり
8:ヘリ落し
9:デバイダー(菱目打ちを打つ際のガイドラインを引く)
10:カッター
11:自作の指貫
12:ステンレス定規


Pc160535


一番最初に揃えた道具を思い出してみると木ハンマーとハサミ、それにこの位の専門の道具から始まり、ブックカバー、財布、カバンと作るものの幅が平面的なものから立体的なものへと広がり、それに合わせて道具も少しずつ増えてきた感じです。
専門の道具があると何手間もかけていた作業がひと手間で済んだり、同じ精度で効率よく作業できるようになりますが、一つ二つ、自分と身近な人に作るだけというなら手間は掛かるけど何とかなる物かなと思います。

個々の使い方は手縫いの本を見てもらうと詳しく書いてあるのでそちらに譲ります。。。(本も相性があるので何冊か見てピンと来る物を選ぶと良いです)

微速前進

Pc160533

考え事に気を取られ製作の方はかなりのスローペース。
一週間掛かって長財布とキーケースの補充分がようやく完成。
疲れ目気味で細かい作業が捗らない、そんな師走の月半ば。

2014年12月10日 (水)

作業が進まないと言いながら

Pc090468


夏以降あまり乗れないでいた自転車のリハビリを進めています。
少しずつ距離を伸ばし、前の休みに久々の100km超えの日帰りツーリング。
作って走れる革小物の作り手。(笑)
メインの仕事と革の仕事、上手くバランスを取るためにも気分転換って大事です。



Pc090481


道中寄り道した落ち葉の積もる日当たりの良い旧道で、季節外れのスミレを見つけました。(タチツボスミレかな?)
千葉がいくら暖かいと言っても咲くには早すぎるような。。。

ほぼ真っ黒な長財布

Pc080455

Pc080458

なんだかなぁというタイトルですが、オーダーいただいて製作した長財布標準モデルのカラーオーダー版。
内装外装共に黒、ステッチも黒、アクセントに赤いファスナーという大人仕様で、出来上がってみれば中々の仕上がり。

今月は出店が28日の千駄木の&SCENEだけだからのんびりとしたペースで在庫補充と宿題を片して・・・と思っていたものの、作る以外の細々とした作業が重なって思うほどには製作ペースが上がらない今日この頃です。

2014年12月 2日 (火)

ボックス型コインケース×カードケース

Pc020432


Pc020433


特別難しい物ではないけど、後でいいから、いつでも良いからの声に甘えているうちに季節が二つ変わってしまいました。
Mさんからオーダーいただいていたコインケース×カードケース出来上がりました。
カードを2枚収納して丁度よいふくらみ加減になるよう薄手の革で製作してみました。
基本形は以前製作していたボックス型のコインケースで、リクエストに合わせカードを2枚内側と外側に仕舞うようにアレンジしました。


Pc020435


全体の雰囲気を見てもらうために製作したペーパークラフトと並べてみました。
紙と革では厚みは全然違う物ですが、全体の雰囲気や納まりを確認するためにこうしたペーパークラフトを製作してから実際に革を切り出して製作に入るほうが、後々やり直しが少なくて効率的です。

2014年12月 1日 (月)

腱鞘炎?

ほとんど痛みは残っていないけど11月末のトピックは左手首の痛みでした。
何かぶつけたとか捻ったとかまるで覚えは無いにもかかわらず、手首を動かすと鈍い痛みに悩まされ手首をしっかりテーピングして休ませながら。。。変わらず作業を続けていました。

とりあえず急ぎのものは大体終わったから、少し手を休ませつつ幾つか企画を進めていこうという所です。


そういえば革小物作りを始めて12月で4年目になりました。
大分出来るものが増えてきたけど、出来ないものも変わらず多く、まだまだ試行錯誤が続きます。。。4年目はどういう形にせよ長く続けていくための下地を作っていけるような一年にしてみようという企みと言うか目標で進んで行きたいなと思っています。

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

最近の写真