« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月27日 (木)

サンプル出荷と新作、そしてWS向けの試作などなど

クラフトビレッジで頼まれたブックカバーの簡易版を3色各3個製作中。
一つ一つは簡単な物でも僅かとは言え数がまとまると兼業作家には結構な負荷になると再認識。うまい方法を考えないと続けられないかも。
完売したサンプル製作版のポーチはサイズ的には評判が良かったけどそのまま再製作するのは少し迷ってしまい、付加価値を高めるような方向で再設計を進めているところ。
相談を受けているWS向けに考えているサンプルを実際の環境で使ってもらい痛み具合とか見られるよう馴染みのお店で使ってもらったりと、色々並行処理している月末の夜。
さて、もう少し頑張りますか。

2014年2月23日 (日)

&SCENE手創り市(14年 2月)

年内最初の千駄木の手づくり市。
午前中は時折小雪の舞う寒い寒い中でのスタート。そして今回は本堂脇の奥まった場所での出店とあまり条件が良いとは言えないなと思いながら、受付の時にもらったカイロを腰に入れお客さんを待ちました。
今日、個人的に一番気になっていたカバンのワークショップを見学に入ったり、顔なじみになった出展者さんの様子を見に行ったりしている内にいつもの賑やかさとなり、好きな話を沢山させてもらい、また、沢山のヒントをもらうことが出来ました。


そんな中でワークショップのご相談を頂いたり、神保町の大きな本屋さん(お世話になっています。。)からお誘いを頂いたりと嬉しい出来事が続きましたが、会社員との兼業作家ゆえの限界もあり本屋さんからのお誘いをお断りしなければいけなかったことが心残りですが、ぜひ別の企画の際にお声掛け頂ければ嬉しいです。


次回は3月2日の渋谷てづくり市です。
少しずつ近付く春の気配を探しに会場へお越し下さい。



Rimg0956

今日を象徴する一枚・・・裂いたビニール袋をテーブルに掛けて雪がやむまでの間養生すること3回、いったい何の罰ゲームだったんだろう?(苦笑)

素材のハナシ

革の値段が上がっています。


あまり素材のことに触れてきませんでしたが、Growthring Leatherworksではタンニンなめしの牛革使用して製作しているのですが、世界的な牛肉の消費量の低迷、それに伴う原皮の減少(牛がお肉にならなければ革にはならない)、需給バランスの問題(お隣の大きな国が大量に輸入しているとか。。。)、円安傾向諸々でタンナーさん、問屋さんの努力だけでは吸収しきれず昨年の春に値上がりし、この春から再度の値上げに踏み切らざるを得ない、そんな状況のようです。(消費税も上がるし・・・)
そう、牛革に関しては原材料のほとんどを輸入に頼っている現状があり、円安で輸出が回復しても輸入に頼る産業はジワジワと締め付けられてしまう現実があります。
その余波は自分のような個人の作り手にも大きな影響を与えます。


維持しなければならない常設の工房や店舗も無く、企画・製作・販売を一人でやっているので店舗の維持費やスタッフ人件費、広報その他の費用が必要ない分、安めの価格設定でやっていますが、長く続けていくことを考えるとどこかでバランスをとらないといけない時期になって来たのかも知れません。
手持ちのストックがあるうちはそのまま行きたいと思いますが、年内のどこかのタイミングで見直さざるを得なくなる時が必ず来ます。
大きなメーカーさんも含め、革製品の値上げにはこんな事情があるんだと知っていただけると嬉しいなと思います。(便乗値上げはもっての外ですが)


以上、作り手のつぶやきでした。。。

2014年2月22日 (土)

小さなカバンで旅に出る

Rimg0944


Rimg0946


Rimg0949


”雪の予報が外れた木曜日。
これといった当ても無く、南へ向かう内房線の各駅停車に乗り日帰りの旅へ。
財布と文庫、携帯とデジカメ、そしてメモ帳を入れた小さなカバンだけが荷物の身軽な姿。
どこへ行くにも一泊できるような大荷物を持ち歩いていた頃から比べると随分シンプルになったものだと思いながら、取りあえずの目的地に選んだ浜金谷駅の改札を出る・・・”
こんな事をつらつら考えながら鋸山へ行ってきました。

駅前から関東ふれあいの道を辿り、鋸山の上からロープウェイで下山しようと歩き出した物の、稜線に近付くにつれ残雪が増え(!)倒木に阻まれた先で踏み跡もなくなってしまい来た道を引き返すことにしました。
登山装備ではないので無理は禁物です。

いつもはバイクや自転車で通過するだけの町並みをゆっくりと歩いていくことの贅沢さを楽しみながら明鐘岬の喫茶 岬へ。
ここを舞台にした映画の撮影をしているせいか、仮設の店舗での営業でしたが美味しい珈琲を楽しみ短い旅が終わりました。


Rimg0953

今回の旅のお供

 

長財布A7ノートカバーブックカバー(文庫)ショルダーバック

2014年2月21日 (金)

二つ折りの財布

Imgp8892


Imgp8893

てづくり市用に作るのは初めてかもしれない二つ折りの財布。
カードポケットが3つ、大容量の小銭入れ、札入れ、ポケットが一つのシンプルな構成にまとめています。
ジーンズのヒップポケットにきれいに納まる、そんなサイズ感。


実はこの財布は革小物を作り始めて2つ目に起した型紙の細かな部分の寸法を手直しした物で、自分にとって複雑な物に初めてチャレンジしたという思い入れのある財布です。
今年は新しい物だけでなく、定番アイテムとして残ってきたものを少しずつ今の技術とノウハウを生かした形にリニューアルして行きたいななんて思っています。


Imgp8894


大きく開くボックス型の小銭入れがこの財布の一番の特徴。
使いやすいと好評です。

2014年2月18日 (火)

金具交換

Imgp8875


続いてギターストラップの長さを調整する金具の破損交換のお仕事です。
右が破損した金具で、もともとは左の真ちゅう製の金具のように”日”の字の形になっていた物が金属疲労で中心の横棒が根元から折れてしまったようでした。
金具屋さんを数件回りましたが、使われている50mm幅のものが中々見つからず(あまり出る寸法では無い)歩き回ることになりましたが、無事丈夫な物を見つけることが出来ました。
ただ、オリジナルのニッケルめっきのものが無く、真鍮生地のものになる点だけご理解頂ければと。。。


Imgp8879

無事、交換終了。

ミニプライヤーのケース

Imgp8873


手芸用の小さなプライヤーやニッパーに使うケースのオーダーを頂きました。
グリップの厚みがあるものを仕舞うので膨らんだ後の寸法をイメージしながら型紙を起して試作を2回。小さな物ですが思いのほか難しかったです。
Nさん、お待たせしました。

2014年2月17日 (月)

5年の手帳カバー

Imgp8869


Imgp8870

先月の渋谷てづくり市でオーダー頂いた手帳カバーが仕上がりました。
既存のブックカバーの図面を送っていただいた見本のビニールカバーを元にアレンジしたシンプルな物でしたが、イベント続きのため製作が遅くなってしまいました。


Sさん、長らくお待たせいたしました!

お届けまでもう少しお待ち下さい。

2014年2月11日 (火)

ROYAL MARKEDとgood-goods初日

20140211_092834


朝、目覚めるとまさかの雪。
車の屋根の上には2~3cmほど雪が積もり、海のほうには重たい鉛色の雪雲。
先週末の大雪の影響が強く残っているというのに泣きたい気持ちを抱えたままカートを引いて駅に向かいました。(写真は最寄の一つ隣駅を出てすぐの畑の景色)
今回の会場は両方とも屋内なので出店者としては何も問題ないのですが、お客さんは果たして来るのだろうか? と思いながら最初の目的地、京橋のDENMARK・ THE ROYAL CAFE TERRACEへ。

20140211_113710

会場に着くと主催のoquoquさん始め他の出展者さんたちがセッティング中。
展示を済ませた後はコーヒーを飲みながらのんびりとおしゃべりなどを・・・時折、雪がちらつく祝日のオフィス街は人も疎らで忙しいと言う感じにはなりませんでしたが、革好きな出展者さんやお客さんと色々お話させていただきました。
青空個展ですれ違っていた(笑)UMESHIO工房さん、そして遊びに来てくれたKoNA_Leathersさん(店番とチョコありがとうございます!)これからもヨロシクです。


そして色々気になるgood-goodsの様子を見に、地下鉄を乗り継ぎアートコンプレックスセンターへ移動。

20140211_143633
こちらもお天気のせいか関係者の方が多いかな・・・?という雰囲気。
アクセサリー中心の出店の中で異色(笑)のコーナーになっていたような気がしなくも無いのですが、A7ノートカバーをお買い上げいただいたり、出展者の方とお話しできたりと楽しませてもらいました。
こちらは会期が16日までと長いので、お天気などと相談しながらまた会場に立とうと思っています。



そして・・・家に戻ると灯油が無いことに気がつき、雪の残る氷点下の道を自転車でガソリンスタンドまで往復し、長い一日が終わるのでした。

good-goodsの設営

20140210_162602


緊急の要件がありじっくりと吟味した展示方法ではないけど本番に向け最後の準備を整えました。
アクセサリーなどが中心の出店の中で普段使いの革小物がどれ程興味を持ってもらえるか分かりませんが、出来ることは大体終わらせたと信じて本番を迎えます。
明日は京橋のROYAL MARKEDもあるのであまり会場にいることが出来ないけど、たくさんの人に見てもらえればと思っています。

2014年2月10日 (月)

赤い長財布

Imgp8853_2


Imgp8854

赤系統の革へのリクエストが多くて好みに合う革を色々探しています。
今回はサンプルで入れた革で実際の雰囲気が見たくて長財布に仕立ててみました。
色調は鮮やかな赤で良いのだけど、仕立てる前から感じていた艶が強すぎる感じがどうもしっくり来ず、革の単価的な問題もあり定番化は見送りかな。。。

この財布は11日からのgood-goodsに出す予定で、普段使っている革より少し良い物なのでお買い得です。(笑)

2014年2月 7日 (金)

ROYAL MARKED

Royalmarked

2月1日のクラフトビレッジに間に合えばよかった次のイベントチラシです。
1月の渋谷てづくり市でお声かけいただいた、東京・京橋の東京スクエアガーデン地下1階の”デンマーク ザ ロイヤルカフェテラス”というお店の一角でこじんまりと行われるマーケットに出店します。
本人は四谷のアートコンプレックスセンターと掛け持ち見たいな感じになるので居たり居なかったりしそうな雰囲気ですが、美味しい珈琲とハンドメイドのアイテムたちに会いにお立ち寄り下さいませ。

2014年2月 3日 (月)

第3回 クラフトビレッジマーケット

Rimg0929

前日遅くまで準備を続けていたのでかなり寝不足でしたが2月最初のイベント、クラフトビレッジマーケットを無事終えることが出来ました。
今回は初日のみの参加でしたが、前回ご一緒させていただいた作家さんたちとの再会や始めましての出会い、わざわざ立ち寄ってくれた職場の仲間(差し入れありがとうございました)、たくさんのお客さん、主催の皆々様のお陰で楽しくあっという間に過ぎていった一日でした。
次回のクラフトビレッジマーケットの予定がまだはっきりとしないとの事でしたが、決まればすぐに応募しようと思っています。


Imgp8842
実家に車を返しに行く途中、寄り道して2日目のクラフトビレッジマーケットにお客さんとして遊びに行きました。2日目の作家さんたちも個性的、そして参考になる什器とレイアウト。ジャンルは違えど作る人同士の楽しい会話。出店するばかりでなく、たまには一人のクラフト好きとして遊びに行くのも良いもんだなと。
そして今日の収穫、七栄の陶房桜さんの湯飲み。
淡い色彩とグラデーションの美しさに一目惚れ。お茶碗と迷いましたが珈琲用に湯飲みを買いました。
湯飲みの白と珈琲の黒のコントラストが狙い通り(笑)
大事に使わせていただきます。

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

最近の写真

  • Pa184227