« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月31日 (木)

革のしおり

Imgp8652

革のしおりの製作を頼まれました。
実際のところ製作というほど大げさな物でもなく、あり合わせの端切れを用意し、しおりらしい寸法で(30mm×130mm)カットし、4mmのポンチで穴を開け、角を10mmのポンチを使い逆Rを付け、最後に革紐を結んだだけのものなので端切れを活かした簡単なクラフトとして”革小物作るの難しいかな”と思っている人の最初の一歩にもオススメです。

シンプルな物なのでスタンプを押したり色々カスタマイズして遊んでもらった方が雰囲気が出て楽しそうです。
少し余分を作ったので次のてづくり市に持っていこうかと思っています。

2013年10月27日 (日)

&SCENE手創り市(10月)

Rimg0917


Rimg0919


青空個展主催のてづくり市以外で初の出展となった&SCENE手創り市。
書類選考を通った出展者が揃う会場は穏やかな中にもピリッとした緊張感を感じさせる雰囲気でした。
終日冷たい北風が吹き、代々木八幡ほどではないにせよご神木の作る日陰の下は一つ先の季節を思わせる寒さでした。
品物の動き方もいつもと違い、小物中心にお買い上げいただきました。
本堂近くのブースだったので、ピアノ弾き語りライブの歌声が聞こえてきたりと、台風一過の冬に近い秋の一日を満喫することが出来ました。


お買い上げいただいた皆さん。
お立ち寄りいただいた皆さん。
主催者の皆さん。
ありがとうございました。

2013年10月23日 (水)

日々の製作

昼間は会社員として働きながらの製作なので作業時間に自ずと限界が出てきます。
今はてづくり市での直接販売の他には知り合いプラスα、口コミでの狭い範囲でのオーダーに限っての製作ですが、それでも新しいアイテム作りは遅々として進まないのが正直なところで、その原因は集中力が足りないのと気持ちの切り替えが下手なんだなと思いながら一つ一つ課題として決めたことを片付けています。

ワンオフの物やサイズ違いを含めて約30種類。
それが今まで形にしてきた物の数。
これを100種類くらいに出来ると、もっと作れる物の幅が広がり、自分の作る物で楽しんでもらえ使う人にプラスになることが出来るのではないか、そう思っています。
色んな物が作れ、色々楽しんでもらえることで、何よりも自分が楽しくなる。
これが今のモチベーション。

今回、初めて在庫としてカバンを2サイズ用意してみました。
他の作り手さんはどうか判りませんが、自分にとってこれは大きな変化。
これを作らなかったら、あれをいくつ作れる。
形にしたがために他の物が作れなくなってしまった。
余計なことを考えて、惜しむほどの物も無いくせに出し惜しみをしていた。
そう、気付きました。
その時出来るベストを目指す。
それが一番楽しいことだと言うことをすっかり忘れていました。

2つのサイズ

Imgp8643_4


以前サンプル製作した小さめのショルダーバック を次の出店に向け製作しました。
左側はサンプルと同じサイズで荷物を厳選すれば一日分の行動に必要なものが一通り入る、大きすぎず小さすぎないサイズです。
右側は今回新規に作り直したスモールサイズ。
基本の作りはまったく一緒ですが、一回り小さなサイズに仕立ててみました。


Imgp8642

文庫本1冊、携帯、その他小物を少々。


Imgp8641

背面のポケットはスイカなどのカードがきれいに納まる高さです。


Imgp8639

丸みのあるスタイルは元のモデルと変わりません。

2013年10月18日 (金)

ベルトのリペア

Imgp8618

M君から修理の依頼で糸の切れたベルトの修理を気分転換を兼ねてささっと終わらせました。

古着屋で買ってきたというこのベルト。
両サイドに2本ずつミシンでステッチを入れ、バックルを留める部分だけ折り返し手縫いで止めていたと思われる作りで、相当古いものらしくバックルを止めていた部分以外は糸が無くなり菱目だけが残る良く言えばアンティークな顔つきをしたベルトです。
素材そのものはしっかりしているのでバックルを止める部分のみ補修を加え、後は元の雰囲気を残すよう余計な作業はせずに仕上げます。


Imgp8619

まずは残っている糸を取り除き状態を再確認。
バックルを取り付け、菱目がずれないよう気をつけながらしっかりと接着。
ベルトの雰囲気に合わせダークブラウンの糸を1ピッチを2回返しながら縫い上げ。


Imgp8620

そして、完成です。
元の雰囲気を残しつつ、しっかりと治せたと思います。
M君。修理賃のビール、忘れないようにね。

2013年10月15日 (火)

在庫補充(カードケース)

Imgp8607
30枚入りの名刺入れとして企画しましたが、ふっくらとしたシルエットと何でも入れられる(限度はありますが)シンプルさで使いやすいと手にとっていただく機会が多く、定期的に追加製作するアイテムに成長しました。

2013年10月13日 (日)

長財布のサンプル製作

Imgp8604


Imgp8605


「長財布、ありませんか?」
そう聞かれることが続き、その度に提案できる物がないことを気にしてきました。
ただ、自分自身が長財布を使ったことが無いのであれこれ想像しながら図面化したものをひとまず形にしてみました。
ファスナーコインケースの両サイドに片側6枚、計12枚のカードを収納し、通帳を無理なく仕舞えるように205×105ミリと少し大きめの、カバンの中で主張するサイズにまとまりました。
いっそのことショルダーベルトを付けお財布ポーチとしてみようかとも思うのですが、どうした物だろうと考え中です。

青空個展 吉祥寺パルコ MOTTAINAIてづくり市(10月)

Rimg0920
Rimg0922

初めての街、初めての会場。
それが今日のてづくり市の印象です。

搬入時間の制限もあり、7時前の電車で千葉からガタゴトと移動、ビルの屋上からは富士山や奥武蔵、奥多摩の山々が当たり前のように見えることにココロ動かされました。


風が強く、テーブルの上の物が飛ばされないように気を配る以外は天気に恵まれた一日で帽子を忘れたことを後悔。。。人の流れと入れ替わるように眠気がやって来たり、周りのブースの方とお話しをしたり、顔なじみの作り手さんと情報交換したり、お客さんとお話しできたりとても楽しく過ごさせていただきました。

ご縁があってお買い上げいただいた皆さん、ありがとうございます。
お立ち寄りいただいた皆さん、コメントの一つ一つがレベルアップにつながります。
また、どこかの会場でお会いできたら嬉しいです。


次回は10月27日、千駄木の養源寺にて&SCENE 手創り市、15番ブースに出店します。
間に合えば鞄なども用意してみたいと思います。

2013年10月 7日 (月)

青空個展 渋谷てづくり市(10月)

無事と言ってよいのか、青空個展 渋谷てづくり市終了しました。

前日までの雨も何とかあがりしっとりとした空気の中での開催となりました。
今日の一番の問題は鎮守の森の梢高くから落ちてくる雫。
雨はやんでいるのにポタリ、ポタリと雫が落ちて・・・染みが付いたものが続出。

そしてお隣さんも革小物のお店。

今日はとても勉強になりました。
厳しい時ほど課題が見えるというのは本当ですね!
今月の出店はあと2回。
一つ一つ改めながらチャレンジしていきます。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

最近の写真