河津桜を見に

Rimg0714_2_4一足早い春を探しに伊豆半島の河津まで出かけました。
河津といえば、そう、河津桜。
街の中心を流れる川の土手沿いに満開の桜並木が続き、花から花へ忙しく飛び交うメジロ達、ベストショットを物にしようとカメラを構える人の群れ・・・日中は春の陽気でも、朝晩はまだまだ寒く土産代わりの風邪を引いてしまいました。

バイクでの遠乗りに丁度いい季節には、まだ少し早かったようで。。。


| | コメント (1)

一日1トピックでも

Imgp3511仕事の忙しさは一時の激しさは無くなったものの、すっかりフィールドから足が遠のいてしまっています。
行けば行けるのに行かない。
体が自然を本当に求め出すまでは、少しの間、思い切って離れてしまうのも必要な事なのかもしれない。
それでも「自然のオモシロさを感じるセンサー」だけは最低限使い続けていないと本当に駄目になってしまう。
だから通勤や日常の合間に気づいた自然、感じたことを簡単にメモするようにしました。
一日わずか一行か二行のことでも毎日続けようとすると結構大変。
内容はともかく、まずは続けてみようと思います。

| | コメント (0)

焚き火

P1020445夕方、庭で焚き火をしました。
先月スライスした残りの枝を井桁に組んで、風で散った竹の葉を焚き付けに使う。
油分が多いのかバチバチと音を立てながら竹の葉が燃え、少しずつ枝に火が付き始める。

こう書くと簡単そうだけど、実は焚き火は苦手。
ここまで火が安定するまで大分苦労してます、まだまだ修行が足りません。

熾火になる頃、ホイルに包んだジャガイモを投げ入れ、燃え残りの炭を七輪に移しお湯を沸かす。残った灰は花壇に撒いて肥料に。
少し昔まではこういう事を毎日繰り返しながら生活していたんだろうな。

| | コメント (0)

しいたけ

Imgp3351庭の隅にほったらかしにしたままのシイタケのほだ木。
窓から様子を見るとニョキっと小さなシイタケが顔をだしていました。

3本ばかりのほだ木では日々の食材の足しにはならないけど、暮らしのスパイスとして楽しんでいます。
もう少し生活をシンプルにしたいと思う今日この頃、気がつけば小さな農のある暮らし、と言えなくも無い生活です。

| | コメント (0)

修理して使う

日常の足から旅の友として、定期的に分解整備をしながら10年近く乗り続けている自転車。
変速レバーの内部部品が磨耗しているのか、上手く変速できないことが多くなり一時的に別の部品に組み替えて使ってますが、使い勝手の面では今ひとつ。
そこで外したままの変速レバーを修理し再度組み替えることにします。
通販でもスモールパーツが買えるようになり、右側変速ユニットとワイヤ類一式、ついでに傷だらけになっている左レバーの部品も変えられるところを交換。


よく見ると右と左で輝きの違うレバー。
それがたまらなくカッコいいと思う。

| | コメント (0)

庭の片付け

Imgp3222工作の材料用にと取っておいたケヤキと梨の剪定枝。
半年以上放置していたら、枝の中にカミキリムシの幼虫が巣食い、菌類がまわり始め木口に不思議な模様を描き始めていました。

このまま放置しておいたら工作材として使い物にならなくなると、2日かけて小枝のスライス作りに取り掛かりました。
電動ジグソーを使いながらの作業ですが、作業の終わり頃には腕がぐったりとし力が入りにくくなり体力切れで作業終了。

小さなバケツ一杯に500個のスライス素材が出来上がり、このとき出たおが屑を花壇に鋤き込み、充実した休日が終わりました。

| | コメント (2)

休日

Imgp3129まずまず暖かい、そんな秋の終わりと冬の始まりの平日3連休の初日。
自転車に乗り、久しぶりのフィールド散策に出発。
夕べまでの雨の湿気と、腐りかけた落ち葉や草の匂いの交じり合う農道をゆっくりと進み、少しずつ、色んなものが解されていく。
結局、これが一番のリフレッシュ法かな。

続きを読む "休日"

| | コメント (0)

戴き物

Imgp2492数日前にお隣さんから戴いた小玉スイカ、夏の味。
今日はなんだか秋の気配で寒いくらい。
真夏と秋を行ったり来たりの陽気に体がついて行きません。

| | コメント (0)

庭掃除・2

久しぶりの2連休。
いつかやらねばと思っていた台所裏の草刈をやりました。
すっかり藪と化した裏庭を刈り込み鋏みでザクザク切進み、壁に張り付くヤブガラシ(つる草)を引き剥がし、笹に埋もれる給湯器を救出するうちにすっかり汗もサラサラになり気分すっきり。

「後は野となれ山となれ」
放っておけばいつかは自然に、森に還る日本ならではのこの言葉。
夏が来るたびに裏庭で実感させられます。

| | コメント (0)

庭掃除

忙しさにかまけてほったらかしの庭。
竹の落ち葉や竹の子の皮、枝打ちした枝やらなにやらで雑然とした様子は見ていて心和むものではありません。
久しぶりの土曜休み(普段は平日、しかも不定期)、遠出しても混んでいるだけだろうからと庭掃除をしました。昼の一番暑いさなかに。。。

庭中の落ち葉をかき集め山にし、買ったばかりのジグソーで竹を細かく切り、良く乾いた竹の子の皮に火をつけ真夏の焚き火!
しゅうしゅう、めらめら、ばちばち燃える焚き火と片付いていく庭。
熱さと暑さに目まいがし始めたころには片付いた庭ときれいに燃えた焚き火の灰、少し残った炭が残るだけです。
いつもお米を分けてもらう農家さんで貰った巨大とうがらし(?)とジャガイモをアルミホイルに包み灰に埋め、燃え残りの炭を七輪に移し夕飯のカレーを煮込み一日はおしまい。
こういう休日は久しぶりかも。

夏、だなぁ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧