保存食

Rimg0639_3
大根を切り分け、ざるに並べ丸一日外で干してみました。
程よく水分が抜け、甘味が増したこの大根を酢醤油(しょうゆ3:酢1:みりん1の割合)に漬け込めば、お弁当のおかずや箸安めでしばらく楽しめそう。
間違いなく美味しいぞ。(笑)

| | コメント (0)

今年の新作クラフト

P1040478ある小学校の先生に依頼されて作ったネイチャークラフトの見本用の作品です。
一応、ハリネズミ、ネズミ、カタツムリ、トンボ、です。
材料はマテバシイ、シラカシの殻斗、ケヤキの小枝、ケヤキの樹皮、そしてツメタガイの殻。
木工ボンドと一部グルーガンを使い接着しています。

それはそうと学校から依頼書が届かないぞ。。。大丈夫かな

| | コメント (2)

ソラマメ

Imgp2164庭先に植えていたソラマメをためしに収穫してみました。
久しぶりに七輪に火をおこしソラマメの炭火焼。(笑)
肝心の味はといえば、売っているものには遠く及ばない、青臭さの中に感じるかすかな甘み。

まだ完熟していなかったのか、肥料やりが悪かったのか、それともアブラムシに負けたのか。。
それでも自分で作った野菜の味は他には変えがたいものです。

| | コメント (0)

楢材のティースプーン

Imgp1447去年途中まで作って手を付けられないままでいた楢材のティースプーン作りを再開しました。
もらい物の端材を使っているので気持ち小ぶりで使い勝手は「?」な感じですが仕上がった感じはなかなかです。
手前の白っぽいものが荒削りが終わったもので、奥が蜜蝋ワックスで仕上げたもの。
手工具で作るものだから1個仕上げるのに板から切り出して5~6時間、これじゃ売り物にはならないか。


| | コメント (0)

どんぐり鴨

Imgp0148冬の渡り鳥シーズンということでドングリ工作の新作です。
職場に大量に転がっているマテバシイとウバメガシのドングリで作りました。
材料にするドングリの種類は何でもかまわないけど、体に使う大きなものと頭に使う大きなもの、割って羽根やくちばしに使う中くらいのものの3個ドングリが必要です。
くちばしの固定が難しいかもしれないけど出来上がりはとっても可愛くていいですよ。
写真をヒントに工夫してみてくださいね。

| | コメント (2)

どんぐりの標本

P1010010検索ワードの履歴を見るとこの季節になるとドングリ工作について調べる人が多いようです。(調べ物には向かないブログでごめんなさい)
でもクラフトは自分で工夫しながらあれこれ試していくプロセスが面白いと思います。人の作品はヒントにしてもそのまま真似をするのでは面白さ半減です。
とはいえたまにはヒントになりそうなものもとも思いこんなものを作りました。(他にもやっている人はいそうだけど)
自宅周辺で無理なく取れるドングリを木の土台に針金で固定した標本風の飾りです。
ドングリだけでなくほかの木の実や貝殻でも同じようにしても良さそう。
今から素材を用意して次の夏休みの宿題にいかがです?

| | コメント (2)

蜜蝋ろうそく

Imgp9488
検討中の企画で取り入れることが出来ないかなと思い蜜蝋でろうそくを作るための材料を仕入れました。作業時間をストップウォッチで計りながら早速作業開始です。
プラスチックのカップに蜜蝋の固まりを入れ、鍋で湯煎しながら過熱すること20分、液状になった蜜蝋にろうそくの芯を漬けては冷まし、冷ましては漬けるという工程を20分ほど繰り返し4cmほどの小さなろうそくが出来上がりました。

続きを読む "蜜蝋ろうそく"

| | コメント (0)

未晒し蜜ロウワックス

Imgp9389
このところ気に入って使っているのがこの蜜蝋ワックスです。「材木屋とハチミツ職人が作った」のキャッチコピーのこだわりの一品、100%天然由来の成分のみで作られています。
なかなか出来る事ではないなと思ったのが、この品物の売上の一部を森林保護や森に関わる伝統技能の維持のために寄付していることです。
この蜜蝋ワックスのようなこだわりと志のある品物をこれからも応援したいと思います。

製造発売元はこちら⇒(有)小川耕太郎∞百合子社

| | コメント (0)

チーク材のスプーン

Imgp9388
ホームセンターの端材コーナーに手ごろなチーク材があったので木製のスプーンを作ってみました。大きさは12cm×2cmの小振りなティースプーンです。木目が粗くて小物向きの材ではなかったけど結構いい感じです。仕上げに蜜蝋ワックスを塗りこんで磨いてみました。融点の低い蜜蝋ワックス仕上げは食器類には向かないかもしれないけど、口に運ぶものだから自然素材の安心できるもので仕上げたいですよね。

| | コメント (0)

野菜日記・エダマメ4

P1000303植付けから65日目のエダマメ。
株ごとの生長具合に差があるから一度にまとめて収穫は出来そうもありません。
危うし、おつまみ大作戦。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧