« 活動のテーマ | トップページ | 野菜日記・九条ネギ3 »

アルコールストーブ

Imgp8889雑誌に作り方が載っているのを見て以来作ってみようと思っていた空き缶を使ったアルコールストーブ(こんろ)を作ってみました。
既製品を買うと1個2~3000円と、使い勝手が悪い割りに結構良い値段をしているので今まで使った事が無いアルコールストーブですが、実際に使ってみる不思議とワクワクした気分になってくる面白い道具でした。
静かに燃える青い火を眺めながらお湯が沸くまでの5分ほどを何も考えずに待つ。ガスやガソリンをと違い、一度火をつけたら火力の調整の出来ないアルコールバーナーはあるがまま、なすがままに身を任せ、ただぼんやりと過ごす不思議な時間を作り出す、ちょっとクセになりそうな素敵な道具。
空き缶はまだまだあることだし、また作ってみようかな。(笑)

Imgp8893作りは何てことの無いシンプルなものです。
でもシンプルだこそ、奥が深い。
写真のものは高さ3センチほどで、シェラカップ1杯のお湯を沸かすのに十分な燃焼時間があります。
アルミ缶の底の部分を必要な高さになるよう加工してはめ合わせるだけでそれらしく出来上がります。(他にも工夫の使用はありますが)

|

« 活動のテーマ | トップページ | 野菜日記・九条ネギ3 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。