Growthring Leatherworks

特別な物より普通の物。 華やかさは無いけれど大切な物。 毎日使う物だからシンプルで機能的に。 長く使う物だから丈夫に。 そして、もしものときは修理できるよう。 暮らしの中に溶け込み、使うほどに馴染んでいく。 命あったものを形に変えて。 そんな思いを込めて、ひとつひとつ。



こんな思いとこだわりで制作しています。

●素材
国内のタンナーの手による牛革を中心に制作しています。 植物性タンニンでなめされた革は使うほどに色艶を増し、使う人の癖を反映させ一つ一つ違う表情を持ったアイテムへ成長していきます。 革の表情を活かす染料染めのものを多く扱っているので、使用上問題のない程度の傷や染みなど含まれる場合もあります。 本来ならそういう部分を除いて制作すべきかも知れませんが、わずかな欠点のために使えない素材を出すことへの疑問から耐久性に難のある場合を除きそのまま使用しています。(目立たぬように工夫します)


●縫製
蜜蝋を塗った麻糸を2本の針で縫い上げる昔ながらの手縫いの技法で仕立てています。 ミシン仕立てのものは一箇所の糸のほつれが全体に影響してしまうこともありますが、手縫い仕立ては一箇所切れたとしてもそれ以上広がることなく修理もしやすいものです。 ただどうしても時間のかかる作業のため数をこなす量産仕事には向かないのですが、多品種少量生産のような場合には返って小回りが利くんじゃないかなと思っています。


●金具
丈夫でエイジングも楽しめる真鍮製の金具や落ち着いた色合いのアンティーク加工の金具を好んで使っているので、きらきらとした雰囲気は出ませんが落ち着いた雰囲気を好まれる方には喜んで貰えるかなと思っています。 一般的なクロムめっきの金具も少しずつめっきが薄くなり、輝きが鈍くなっていく良さもあるので甲乙つけがたいところです。


●制作
設計から一人の作り手が一貫して制作しています。 会社勤めの傍らの制作ということと、手づくり市などクラフトフェア向け定番アイテムの制作に偏りがちなのでオンラインの在庫は中々追加できないのですが、受注制作も可能ですのでご相談ください。(ステッチの色変更、金具の色変更などできる物もあります)


●オーダーメイド
既成のものをアレンジするような物であれば対応可能ですが、ゼロから設計するフルオーダーについては難しい状況です。 フルオーダーの場合は制作費の他に図面代も発生してしまうので思われる以上に高価な物になってしまうかも知れませんが、既成の物にはない、”こうしたい”と言う強い思いがもしあるのでしたらご相談ください。


●イベント出店
月に2回程度、都内近郊の手づくり市、デザインフェスタなどのイベントに出店しています。 試作サンプルなど現品限りのアイテムなどオンラインでは出さないものも並べています。


10月以降の出店予定

10月22日(日)&SCENE手創り市 ブース番号40
千駄木 養源寺

9:00-16:00


11月12日(日)デザインフェスタvol46 ブース番号G-98
東京ビックサイト

11:00-19:00


11月18日(土)19日(日)手創り市ブース番号22
雑司が谷 鬼子母神

11:00-19:00


次の予定が決まり次第お知らせいたします。


一部アイテムは通販でもお求めいただけます。
手仕事のギャラリー&マーケット iichi(いいち)

instagramはこちら

instagram

facebookページはこちら

facebookページ


ホームページはこちら

ホームページ

 

2017年11月23日 (木)

失敗=経験値

見よう見真似で作り初めて6年目、「初めての革小物」的な本を道しるべにずいぶん色々な物を作れるようになったもんだと思うけど、出来ないことの方がまだまだ多い。
 
製作に使う型紙はパソコンで図面を起こして使っているから、基本の型を基にしてサイズ変更も割合簡単に出来て手書きのものと比べて便利だけど、革小物教室の案内とかを見ていると手書きの型紙でやっている所が多い印象。
どちらが良いかと聞かれたら「やり易いほうで」と答えるしかないけど、応用はパソコンで作図するほうが効くんじゃないかと思っています。
どちらにしても既存の型をアレンジして新しい物を作るには、どこを同いじったら上手くいかないかを理解しないと出来ないのは同じだから何度も失敗して経験値を上げていくしかない。
ゲームのように数値が幾つになったらレベルアップとなれば話し早いけど世の中そんなに簡単じゃない。

今作っている物も経験値からこの位のマージンをつけて置かないとと思いながら、いや、そんなには要らないだろうと不安になり図面を起こしてから控えめな数値に直したら、案の定直した分寸足らずになってしまいやり直すことに。
 
何をどうしたらこうなる、と言った経験をノートにメモなり図面に注記して見返せるようにしていないから不安感に負けて遠回りすることになってしまう訳だ。

2017年11月21日 (火)

気候が優しくなくなっているような気がする

11月だと言うのに真冬の寒さに震えることになるとは思わなかった。
「まだ冬ではない」という思い込みを最高気温10度という科学的な情報よりも優先した結果、風邪こそ引かずに済んだけど悪戯に体力を消耗してしまった。(自業自得)
手創り市に参加した他の人たちは大丈夫だったろうか。
 
具体的なデータは取っていないけど、このところの季節の移り変わりはスイッチを切り替えるようにバチっと変わるような気がする。
心と体の準備が整う前に「今日から冬、ハイッ!」と言うような感じが実感として近いんじゃないかな。
もう少し穏やかに緩やかに季節が移ろっていく分には身体も季節に馴染んでいくのに、なんだか悪さをしてきた人間に仕返しされている気分になってしまう。
だとしたら仕方ないか。
寒がりの我が家は冬支度フェーズ2に以降。
迫り来る年末年始、乗り切るぞ。

2017年11月19日 (日)

遠回り

ある程度作り慣れてきた頃の品物と今の品物を並べてみると、それはもうごめんなさいと言いたくなってしまうほど違う物は、違う。
 
定番品として継続している品物でも少しずつ作り方を見直し、早く作れてなおかつ仕上がりの精度が上がるよう変えているけど、それは端から見ると分からないくらい微妙な所ばかり。
型紙の微調整をして端から順に菱目打ちで菱目を打ち、途中で微調整することなくピタリと揃うような大きさにしたり、一手間増えても仕上がりが早いなら逆に手間を掛けるようにしたり色々と。
そうして浮いた時間で仕上げに時間をかけたり、早く休んで身体を休めることもできる。
この辺りの工夫のコツが少しずつ分かって来たような気がするけど、新しいものを作るときにこの蓄積が上手く活かせていないのが残念ながら自分の不器用さなんだと思ってしまう。
 
人に教わるのが苦手な分、遠回りばかりしているけど少しずつでも前に進んでいると思いたい。

2017年11月17日 (金)

欠かせないもの

早寝早起きと遅寝普通起き(?)と二つの時間軸で生活している我が家。
仕事のある日に作業しようと思うとどうしても21時とか22時から始まり1時頃まで製作することになる。
細切れの時間を上手くつないで製作しているから能率が良いとは言えず、長財布なら6~8時間、名刺入れやカードケース、ノートカバー辺りなら2時間と言う具合で、週当たりに出来上がる物の数は大体決まって来る。今はイベント売りと通販、直販が6:3:1位の比率だけど今以上に手を広げることが出来ない所に無理を感じている。

手を広げてどこに行くのかというそもそもの話もあるけど、今はこのペースで続けていくのが一番だと思っている。

生活時間にずれがあると特に寒い季節に困るのがお風呂。
うちのアパートは追い炊き機能の無い給湯器だけの建物で22時頃に適温のお風呂は1時頃にはすっかり冷めてしまい、温まるどころか風邪を引きかねない温度になってしまう。
今の部屋に決めるときに物件の特記事項にわざわざ「追い炊き可」と書いてあることを深く考えなかったのがそもそもの間違いだけど、こういう部屋がほとんどなんじゃないだろうか。

世の中には便利なものがあるもので、お風呂用の電気ヒーターがあることを人づてに聞いて買った所これが大正解。
2~3時間保温する感じなっているから入れたてのお風呂より熱いくらいになっていて、少し身体を冷まさないと布団に入れない位の保温力。
夜遅くに作業しなければならない二束のわらじの作り手に必要なものは革の専門的な道具では無く、お風呂ヒーターという物づくりと直接関係の無い道具だったというお話でした。(道具ではないけどバーボンやラムのお湯割りも作業後のお楽しみに欠かせない・・・ラムの本場ではお湯割なんかでは飲まないだろうけど)

2017年11月15日 (水)

革小物屋さんのユニフォーム

デザインフェスタのお疲れさま会でプロントで色々話していたこと。(場所は違うかも知れない)
デザフェスに限らずクラフト系のイベントに出ていると作る品物ごとに何かこう、ユニフォームのようなものが有るよねという話になった。
クラフトに限らず、この仕事にはコレというイメージのようなものが。
革小物やっている人のイメージってなんだろうね、と話しながら答えのようなものも浮かばずエプロンやら前掛けを着けるなんて貧弱なイメージしか浮かんで来ずに内心自分に苦笑い。
実際2DKの部屋の一室で作業をしていると普段着と言うか休みの日にはスウェットを着たまま緩々と作業していたりするのだから外向けのイメージのようなものが浮かんでくるほうが難しいのかもしれない。
と、書いてみて外から見た”革職人”のイメージを壊したりしていないか心配になるけど、自分の場合はそうなのだから仕方が無い。
結局の所リラックス出来て安全が確保できれば、見せる仕事でもない限り何でも良かったりするのが本当の所なんだと思っています。
話は変わってブログの扱いについて色々考えてSNS系の情報発信と住み分けという訳でも無いけど、日記と言うか日誌的な内容に変えていこうかなと思っています。

2017年11月13日 (月)

今日の考えごと

昼間は普通に勤めに出ながら夜や休みの日に制作しています。
仕事と家と革にまつわる諸々のこと。
この3つを上手く回しながら毎日を過ごす。
当たり前のようなことだけど、これが案外難しくて、ずるずるずると夜更かし型の生活が続いてしまう。
 
革だけで生活は回らないから勤めも大事(色々問題の多い職場だけど)で、これを支える大前提として家族の時間は一番大事、一周回って革のお仕事は自分のココロの栄養や家と職場の往復だけでは得られないモノ・コトに出会える大事なのもので、結局どれもどれも大事なものと言うことになってくる。
そうは言っても時間は限られているので何かを削ることになってくるのは自然なこと。
 
やれそうなことは何でもと、ブログ、HP、フェイスブックにインスタグラムと手を出しすぎて面倒なものから放置気味になってしまう。
やる前に気付け! と思うけど後から出たサービスの方が使い勝手が良く更新が楽で、更新頻度の差にわかりやすく出てしまっているのが今現在。
インスタで日々の制作物を発表→フェイスブックと連動させ同じ記事を同時に公開、インスタの画像と記事の抜粋をホームページ上にリンクさせることが出来るから、取り合えず各媒体で「生きている」感は出ているけど、なんだか事務的な感じがして良いわけではないと思っています。
 
どうしたものかと手を止めず、手を動かしながら考えていくしかないんだろうな。

2017年11月 6日 (月)

油断大敵

革小物を作る際避けては通れない物が刃物の取り扱い。
裁断するためには革包丁やカッター、はさみなどを使い、縫うためには菱目打ち、菱錐、目打ちに針など作業内容・用途に合わせて幾つもの刃物を使い分けて1つの品物を作り上げていきます。
 
正確な作業には良く切れる刃物をと言うことで、こまめにメンテナンスをしながら日々製作しています。
当然のように良く切れる刃物を扱うので慎重に慎重に作業している訳ですが、年に1回2回気持ちが急いていたり何かに気を取られ心ここに在らずという魔の日がやってきます。
 
終わってしまったからこそ「魔の日」であったことが判るというだけで、その最中では気が付くことができません。
材料を切り間違えてしまう位ならまだ良いのですが(良くは無いけど)指先をさっくり切ってしまうこともあります。
完成間際のものでも汚してしまったらその時点でアウト。
なので”あっ!”と思った瞬間に手を離しぎゅっと傷口を押さえなければいけません
 
 
こんな記事を書くくらいだから、はい。
久しぶりに親指の先を切ってしまいました。
ちょっと力を入れると開いてしまうので色々不便です。
(ダメージは指先だけに留めました)
 
気持ちがふわふわしている時は思い切って何もしないことが近道かもしれない。

2017年10月18日 (水)

素材の話とブックカバー

Pa184227

お財布やノートカバーなどの小物を中心に個性の異なる3種類の革を使って日々制作しています。
3種類の革は定番中の定番と言えるヌメ革のナチュラル(肌色の革からあめ色へ)、ワックスを浸透させた革(マットな質感から艶々に変化)、そしてたっぷりのオイルを含ませたオイルレザー(透明感のある艶に変化)。
それぞれに良さと難しさのある素敵な素材です。

特にオイルレザーは使い込んでいたときの艶の透明感、革らしい香りなど一押しの素材です、が、色々扱いの難しい素材でもあります。
部品を組立て縫い合わせる際にボンド等で貼り合せてから糸の通る穴を開けチクチクと縫製していきます。
この貼り合わせに使う接着剤が曲者で、良く使われるゴム糊は革の油分が悪さをしまったく役に立ちません。
耐油性の高いニトリル系のボンドを使うのが解決法の1つですが、溶剤臭が中々抜けず扱いにくい接着剤と感じています。
そんな訳でサイビノールなど酢酸ビニル系(木工ボンドと同じもの)の接着剤を貼り合わせる両面に塗って手早く貼り合わせることが多くなっています。

他にも製品の用途によっては困ったことになるのが他の物へのオイル移り。
要は染みが付いてしまうことがあると言うこと。
仕込み中の部品をうっかり重ねて置いて、まっさらなヌメ革にオイル染みを付けてしまったり、本の汚れを防ぐはずのブックカバーが本を汚してしまったり。

使い込んだときの深みのある艶や多少の水濡れを気にしないで済むこと、実はメンテナンスフリーといっても良い位ずぼらに扱える、普段使いに良い革だと思っているのですが、色々お約束があるのが難しいところです。

実験的に特にオイルの多く入った部分を使ってサンプル製作したブックカバーの実績(1週間くらいで読みきらないと本に移ったオイル染みが目立ってくる)を踏まえ、オイルレザーを使ったブックカバーは豚革の裏張りをする仕様に切り替えていく予定です。(ノートカバーは今までの仕様で行く予定)
裏張りをするのは手間とコストがかかりますが、表革は単体では製品に使いにくいお腹周りや首周りの緩めの革を使って使用感と価格的なバランスを取りつつ、使って楽しい品物に仕上がりました。

2017年10月 8日 (日)

すみだ川ものコト市

雨開催でスタートしたすみだ川ものコト市。
雨が上がった昼前から自分を含めた晴れの日チームも加わり、わいわいがやがや、楽しい一日になりました。
足元が悪い中(雨天開催の告知だったにもかかわらず)沢山の方にお立ち寄り頂きありがとうございました。

次回は10月22日日曜日の&SCENE手創り市に出店予定です。
朝から気持ちの良い青空になりますように!

2017年10月 5日 (木)

7日のものコト市

7日に開催予定のすみだ川ものコト市は雨でも余程の大雨でもなければ開催されるものの、雨よけのテント(キャンプ用ではないイベント用の4本足のもの)を持ち込みが必要で雨天実施の場合の結構ハードルが高い。
多分、雨開催になるだろうと思いながら天気予報を見つつ準備を進めています。

うちは雨に対応した備品も無く、水濡れを嫌う革製品を扱っている事もあって晴れ開催のみの出展で申し込んでいるので、雨開催の場合はお休みです。

前日の予報で降水確率70%なら雨天開催、それ以下の場合でも当日朝6時の時点で雨だったら雨開催。
予報の数字だけを見ると行けそうだけど、時間ごとの予報を見る限り大分厳しい感じ・・・持ち直せ! 天気!

«10月のお知らせ

最近の写真

  • Pa184227