Growthring Leatherworks

特別な物より普通の物。 華やかさは無いけれど大切な物。 毎日使う物だからシンプルで機能的に。 長く使う物だから丈夫に。 そして、もしものときは修理できるよう。 暮らしの中に溶け込み、使うほどに馴染んでいく。 命あったものを形に変えて。 そんな思いを込めて、ひとつひとつ。



こんな思いとこだわりで制作しています。

●素材
国内のタンナーの手による牛革を中心に制作しています。 植物性タンニンでなめされた革は使うほどに色艶を増し、使う人の癖を反映させ一つ一つ違う表情を持ったアイテムへ成長していきます。 革の表情を活かす染料染めのものを多く扱っているので、使用上問題のない程度の傷や染みなど含まれる場合もあります。 本来ならそういう部分を除いて制作すべきかも知れませんが、わずかな欠点のために使えない素材を出すことへの疑問から耐久性に難のある場合を除きそのまま使用しています。(目立たぬように工夫します)


●縫製
蜜蝋を塗った麻糸を2本の針で縫い上げる昔ながらの手縫いの技法で仕立てています。 ミシン仕立てのものは一箇所の糸のほつれが全体に影響してしまうこともありますが、手縫い仕立ては一箇所切れたとしてもそれ以上広がることなく修理もしやすいものです。 ただどうしても時間のかかる作業のため数をこなす量産仕事には向かないのですが、多品種少量生産のような場合には返って小回りが利くんじゃないかなと思っています。


●金具
丈夫でエイジングも楽しめる真鍮製の金具や落ち着いた色合いのアンティーク加工の金具を好んで使っているので、きらきらとした雰囲気は出ませんが落ち着いた雰囲気を好まれる方には喜んで貰えるかなと思っています。 一般的なクロムめっきの金具も少しずつめっきが薄くなり、輝きが鈍くなっていく良さもあるので甲乙つけがたいところです。


●制作
設計から一人の作り手が一貫して制作しています。 会社勤めの傍らの制作ということと、手づくり市などクラフトフェア向け定番アイテムの制作に偏りがちなのでオンラインの在庫は中々追加できないのですが、受注制作も可能ですのでご相談ください。(ステッチの色変更、金具の色変更などできる物もあります)


●オーダーメイド
既成のものをアレンジするような物であれば対応可能ですが、ゼロから設計するフルオーダーについては難しい状況です。 フルオーダーの場合は制作費の他に図面代も発生してしまうので思われる以上に高価な物になってしまうかも知れませんが、既成の物にはない、”こうしたい”と言う強い思いがもしあるのでしたらご相談ください。


●イベント出店
月に2回程度、都内近郊の手づくり市、デザインフェスタなどのイベントに出店しています。 試作サンプルなど現品限りのアイテムなどオンラインでは出さないものも並べています。


1月以降の出店予定

1月15日(日)手創り市 ブース番号121
雑司が谷 鬼子母神

9:00-16:00



次の予定が決まり次第ブログ上にてお知らせいたします。


一部アイテムは通販でもお求めいただけます。
手仕事のギャラリー&マーケット iichi(いいち)

Cucuru Ecological Marketplace


facebookページはこちら

facebookページ


ホームページはこちら

ホームページ

 

2017年3月19日 (日)

手創り市(17/03)

座る間もない一日が無事に終わり、疲れましたが楽しく過ごせた一日でした。
永く愛用頂いているユーザーさんに多く立ち寄っていただき、良い表情に育った品物たちに再会できる楽しさを知ることが出来るのも続けていればこそ。

普段とちょっと違うことがあったとすれば、今日はずいぶん「高いね」と言われました。
街に出れば、それこそびっくりするような値段でそこそこの物が手に入り、求められている内容も変わって来ている様な雰囲気を感じますが、果たしてそれに乗っても良いものか。
容易に流されてしまうのもありかも知れない、でも、そうであるならわざわざ大変な思いをして(それが楽しい訳だけど)まで作る理由が無くなってしまう。
流されるでも突っ張るでもなく、中途半端な気持ちのまま・・・今日のところはお仕事終了。

そんな3月19日の締めくくり。

2017年3月18日 (土)

日曜日は手創り市へ

明日から三連休の方も多いんじゃ無いでしょうか?
桜の便りはまだ届きませんが大分暖かくなってきました。
そんな三連休の中日、19日は雑司が谷鬼子母神の手創り市の開催日です。
今月は団子屋さんの裏、ブース番号20番でお店を出す予定です。
のんびりお散歩かねがね、是非遊びに来て下さいませ。

2017年3月14日 (火)

名刺入れ

P3133265

年度末のストレスフルな毎日の癒しのひと時になっている革小物屋さんとしての制作時間。
そんな時間も家族の理解があればこそとしみじみと思う今日この頃です。

今日は昨年のデビュー以来ご好評頂いている名刺入れの定番カラーの在庫補充です。
茶色は今回の物から新しい革に変わり(銘柄は同じですが)少し質感が変わりました。
使う程に色艶を増し、一段ほど色味が明るくなる傾向の素材ですが今回は当たりロットの素材なので前ロットの物よりも品のある印象に仕上がりました。

2017年3月10日 (金)

色トリドリ

P3093263

試作品からほんの少し修正を加え制作してみました。
小鳥のパスケース、実物は3割り増しでかわゆいです。(笑)

2017年3月 3日 (金)

小鳥のパスケース

P3033241


P3033240


昨日の続きでパスケースの1stサンプル作り。
ボタンインコのもっちりとしたシルエットをモチーフに、くちばしでカードをくわえているような感じで窓を開けています。
スイカ等のカードサイズに合わせて窓の寸法を設定していますが、名刺サイズのカードも収納出来るようなサイズ感で制作しています。

実用本位の物だけじゃなく、たまには遊びゴコロを優先した物作りも気分転換になって楽しいですね。

2017年2月27日 (月)

春の気配と腰痛と

P2263236

昨日は今年2度目の出店の&SCENE手創り市でした。
こぶしの花が咲き始める春の気配に誘われたのか、いつになくお客さんの多い一日で楽しく過ごすことが出来ましたが、最後に腰を痛めイタタタタ・・・それが無ければ本当に良い一日でした。

忙しさを言い訳にサボっていたら、運動不足→腰痛という定番コースに乗ってしまっていたようです。
何事も習慣になるまで続けることが大事だと分かっていても、続けられない意志の弱さ。
いつものコトながら反省です。

さて、来月は3月19日の鬼子母神の手創り市に出店します。
今回は団子屋さんの脇、ブース番号20番でお待ちしています。

2017年2月19日 (日)

ブックカバー

P2193230


P2193232


文庫サイズのブックカバーを久しぶりに作る事になり、リハビリかねがね自分用に一つ作ってみました。

今回は自分用ということもあって、繊維がゆるく普段は製品に使用できない首筋の革を素材に製作しています。
伸びやすく形を維持しづらい部位の革ですが、その分柔らかく手触りが良かったりします。
とは言え、売り物にするのは考え物かな。。。(製品版は良い部位の革を使って制作します)

見よう見真似で始めて作ったブックカバーからスタートして6、7年。
あの頃苦戦した物も簡単に作れるようになりましたが、まだまだ作れないものも沢山あり、続けるほどに奥の深い世界です。

2017年2月17日 (金)

菱目打ち

P2163228

レザークラフトの道具って一般の人には馴染みの無い物が多いんじゃないかなと思います。
ちなみにこちらの工具は「菱目打ち」、縫うための穴を開ける刃物です。
小物を作ることが多い(と言うかほとんど)ので、9本目という細かめのピッチの物をメインに使っています。
今までは奥の刃が2本(曲線用)と4本のもので作業していましたが、作る数が増えてくると効率が悪いので9本の物を追加することにしました。

9本の物は在庫があったのでそのままお持ち帰り出来たけど、前からあると便利だと思っていた逆目の菱目打ち納期3ヶ月待ちと言うことだったので注文だけして今日のところは終わり。

こういった刃物を作ることの出来る職人さんがどんどん居なくなっているので、いつまで良い工具を手に入れる事ができるのか。
何も刃物に限ったことではないけど、手仕事でしか出来ない物の価値は必要とする人にとっては何物にも代えられないもの。
モノ・コトの平均点が上がり、価値が下がり、色々なものが身近になっていく程に「これでいいや」という気分になってしまう。

実際、自分自身がそうだから偉そうな事は言えないのだけど、本当にこれで良いの? と違和感を感じています。

2017年2月13日 (月)

補修について

P2123169

麻糸に蜜蝋を刷り込んで縫い上げて制作しているため、使用頻度にもよりますが、3~4年使い続けると可動部やよく触る個所の糸が磨耗して切れてしまいます。
こればかりは素材の特性のようもので仕方ないのですが、だからと言って強度の高いナイロン糸を使う気にもなれないです。

言ってみればこだわり。

手作りの温もりのようなものはケミカルな素材からは伝わりにくいんじゃないかなという、根拠の無い思い。
後、ナイロン糸は強すぎて革に優しくないんじゃないかなという懸念が拭えないというのもあって、擦り切れるのを分かった上で麻糸を使っています。

長く使うために敢えて弱いところを残す。
息抜きと気分転換が必要なように、革製品にもそういったものが必要なんじゃないかなと思います。

ご愛用頂いているユーザーの皆さん。
糸が擦り切れてきたら是非メンテナンスのため里帰りさせてあげて下さい。
送料だけご負担いただくことになりますが、縫い直しなどメンテナンスは無料にてフォローさせていただきます。

ちなみに画像のものは3年ほど使用したヌメ革ナチュラルのブックカバーです。
良い雰囲気に育ってきました。

2017年2月11日 (土)

パスケースは難しい

P2113170

財布やカードケースの類を作っていて面白くないのは、中に仕舞うものの大きさが決まっているということ。

イラストや図面のまま考えて込んでいても前に進めるわけじゃないから、ある程度のところで実際に形にしてみることも大事じゃないかと思っています。

が、出来上がった物はこれと言って特徴の無いシンプルな物。。。これはこれで良いんだけどねと思いつつ、物足りなさも感じます。
ここを起点に面白いと感じて貰えるところへ持っていけるかどうか。
簡単な物ほど難しい、突き詰めるとここに行き着いてしまいます。

話は変わって、この頃は緑やネイビーブルーといった色が好まれている印象ですが、やっぱりヌメ革のナチュラルは一度試してもらいたいオススメのカラーです。
試作カードケースの上に置いているリップクリームケースは作ってから2ヶ月くらい経った同じ革で作ったアイテム。
ほんの僅かな期間でこれだけ変わっていく面白さ、一度体験すると病み付きになるとかならないとか・・・

P2113171

«最近のコト

最近の写真

  • P3133265
  • P3093263
  • P3033241
  • P3033240
  • P2263236
  • P2193232
  • P2193230
  • P2163228
  • P2123169
  • P2113171
  • P2113170
  • P1292887