Growthring Leatherworks

特別な物より普通の物。 華やかさは無いけれど大切な物。 毎日使う物だからシンプルで機能的に。 長く使う物だから丈夫に。 そして、もしものときは修理できるよう。 暮らしの中に溶け込み、使うほどに馴染んでいく。 命あったものを形に変えて。 そんな思いを込めて、ひとつひとつ。



こんな思いとこだわりで制作しています。

●素材
国内のタンナーの手による牛革を中心に制作しています。 植物性タンニンでなめされた革は使うほどに色艶を増し、使う人の癖を反映させ一つ一つ違う表情を持ったアイテムへ成長していきます。 革の表情を活かす染料染めのものを多く扱っているので、使用上問題のない程度の傷や染みなど含まれる場合もあります。 本来ならそういう部分を除いて制作すべきかも知れませんが、わずかな欠点のために使えない素材を出すことへの疑問から耐久性に難のある場合を除きそのまま使用しています。(目立たぬように工夫します)


●縫製
蜜蝋を塗った麻糸を2本の針で縫い上げる昔ながらの手縫いの技法で仕立てています。 ミシン仕立てのものは一箇所の糸のほつれが全体に影響してしまうこともありますが、手縫い仕立ては一箇所切れたとしてもそれ以上広がることなく修理もしやすいものです。 ただどうしても時間のかかる作業のため数をこなす量産仕事には向かないのですが、多品種少量生産のような場合には返って小回りが利くんじゃないかなと思っています。


●金具
丈夫でエイジングも楽しめる真鍮製の金具や落ち着いた色合いのアンティーク加工の金具を好んで使っているので、きらきらとした雰囲気は出ませんが落ち着いた雰囲気を好まれる方には喜んで貰えるかなと思っています。 一般的なクロムめっきの金具も少しずつめっきが薄くなり、輝きが鈍くなっていく良さもあるので甲乙つけがたいところです。


●制作
設計から一人の作り手が一貫して制作しています。 会社勤めの傍らの制作ということと、手づくり市などクラフトフェア向け定番アイテムの制作に偏りがちなのでオンラインの在庫は中々追加できないのですが、受注制作も可能ですのでご相談ください。(ステッチの色変更、金具の色変更などできる物もあります)


●オーダーメイド
既成のものをアレンジするような物であれば対応可能ですが、ゼロから設計するフルオーダーについては難しい状況です。 フルオーダーの場合は制作費の他に図面代も発生してしまうので思われる以上に高価な物になってしまうかも知れませんが、既成の物にはない、”こうしたい”と言う強い思いがもしあるのでしたらご相談ください。


●イベント出店
月に2回程度、都内近郊の手づくり市、デザインフェスタなどのイベントに出店しています。 試作サンプルなど現品限りのアイテムなどオンラインでは出さないものも並べています。


11月以降の出店予定

11月27日(日)デザインフェスタVol.44 ブース番号G-198

東京ビックサイト
11:00-19:00



次の予定が決まり次第ブログ上にてお知らせいたします。


一部アイテムは通販でもお求めいただけます。
手仕事のギャラリー&マーケット iichi(いいち)

Cucuru Ecological Marketplace


facebookページはこちら

facebookページ


ホームページはこちら

ホームページ

 

2016年11月28日 (月)

デザフェス44

生憎の天気の中どのくらいの人が来るのかと思っていましたが、開けてみれば他所のブースに遊びに出るのをためらう様な混みっぷりでした。
そんなデザフェスも無事に終わりほっと一息、と言いたいところでしたが咳風邪(?)がぶり返したようでゲホゲホと変な咳に悩まされています。

12月の予定はまだ決まりませんが、2件ほど出店を予定しています。
時期的にクリスマスプレゼントを探す方の多い頃かなと思います。
がんばった自分へのご褒美に、大切な人の贈り物に選んで頂けると作り手として嬉しいです。(これがプレゼントの代わりになるかな、自分への)

それにしても風邪の治りが遅いのはナゼダロウ・・・

2016年11月24日 (木)

ブローチ

Pb242920

先週風邪を引いて以来、喉の痛みがだらだらと続いています。(治りかけに仕事で大声出さなきゃいけない環境が悪影響を与えているのは間違いない)

そんな状況に気をとられている内に、気が付けばデザフェスがもう目の前に・・・そろそろ荷物と最後の在庫チェックを済ませないといけないと思いながらも、ブローチ用のピンが少し残っていたのでミニュチュア小物のブローチなど作って現実逃避中です。(カードケース、長財布、トートバック)

2016年11月14日 (月)

ショルダーポーチ

Pb142923

,br/>

Pb142927


Pb142928


思ったより時間がかかってしまった長財布とスマホが入るくらいの小さなポーチもようやく完成。
マットな質感のブラウンと程よい艶が大人な感じのワインレッドの2色で制作しました。

旅先の散策や近所へのお出かけなど、サブバック的な用途に便利なサイズ感です。
かぶせを留めるベルトの穴が2ヶ所あるので、仕舞う物によって容量を変えることが出来るようになっています。
(小ぶりなミラーレスカメラと薄手の短焦点レンズを2本ほど仕舞うことも出来ましたが、機種次第なのでご参考までに。。。)

試作品を2ヶ月弱使っていますが、使い勝手も良く気が付くと持ち出している出動頻度の高いカバンになりました。(手前味噌ですが)

馴染みやすい(?)素材

Pb012909

写真のアイテムは、サンプル的に仕入れた革を使った物で、手前のコインホルダーが新品の状態、奥の財布が10ヶ月ほど使用した状態です。
この素材は普段使っているオイルレザーと同じ原皮から作られているものですが仕上げ方が異なり、表面を少し荒らしてからオイルとワックスを刷り込んだ仕上げのものです。

まっさらなヌメ革を何年もかけて自分色に育てていくのが王道の楽しみ方ではありますが、短い期間で大きく表情を変える素材というのも今っぽくて良い感じです。

この素材の取り扱いを少しずつ増やして行きたいのですが、当たりが付きやすくいろいろな方に触ってもらいたいイベント向けの素材ではない所が扱いにくく悩ましい所です。

2016年11月 1日 (火)

マイナーチェンジも難しい

Pb012898


Pb012902


Pb012903


長いこと作り続けている二つ折りの長財布。
2段2列のカードポケットを2ヶ所に備えていたものを3段2列・2ヶ所に変更した物を試作しました。
2段を3段にしたことでカードの収納枚数が単純に増えたのはメリットだけど、その事でカードと小銭の出し入れがキツイ感じになってしまうのは仕方のないことだろうか。
あちらを立てればこちらが立たず、物づくりってホント難しい。

(3枚目は従来モデルのサンプルと今回の試作品の比較、元は同じ色の革だったものがご覧の通り)

2016年10月27日 (木)

頭の体操

少し手が空いたので長財布を新しく考えるか、既存の物をアレンジするかしてみたいと考えています。

考えています、が。

お札やカードの寸法は規格の物だから決まっていて、使いやすいレイアウトと言うのも大体決まっている。
縫い代や制作上必要な寸法も極端に変えられるものでもない。
そうした制約の中で要素を積み上げていくと、出来上がったものはどこかで見たようなものになってしまい、わざわざ考えることも無いとなってしまう。

飾りベルトやボタンやらコンチョやら、色々乗せていけば見た目は少しは変わるけど、果たしてそれで良いのやら。

うちで作る物はあっさり、シンプルなデザインの物が多いです。
結局、それが一番軽くて使いやすく、男性・女性、それに年齢を問わずにしっくり馴染みやすい物だと思うから。
とは言え、時には味付けの濃い(?)物も考えてみたくなるものです。(切がないから今日いっぱいで頭の体操は終わりにします)

2016年10月24日 (月)

種明かし(?)

Pa242622

今年の新作として企画した差込錠を使った名刺入れ、お陰さまでご好評いただいています。
実はこれ、金具の受け部分を逆さにして使っています。
ピンセットでつまんで並べている金具の組み合わせ方が本来の使い方ですが、どうにも受けが目立ってしまってすっきりしません。
デザイン上のアイコンとして目立たせたいけど、目立ちすぎるのも気持ち良くないという作り手のこだわりです。(よく気付きましたね)

他に良い金具が見つかれば置き換えたいと思うけど、差し当たりこのままで行きます(金具も凝りだすと底無し沼です。。。)

2016年10月23日 (日)

10月のイベント、終わりました

10月の2件のイベントも無事終わり、気が抜けたのか眠くて仕方の無い日曜日です。
妙典は時折強い雨が降ったり止んだりするような天気のせいもあったのか今一つな結果に終わりましたが、すみだ川ものコト市は終日人通りが絶えることなく大盛況の内に終わりました。
デザフェスより疲れたんじゃないかと思うのですが、まぁ、嬉しい悲鳴と言うことで感謝感謝です。

ものコト市はなぜだか革小物の出展者が他にいなかったようで、”あ、革だ”と驚かれる方が多かった印象です。
そのせいもあったのか沢山の方にお立ち寄り頂き、沢山迷っていただきお財布や小物たちをお迎えして頂けました。
壊れるところは無いかと思いますが、もし何かあればいつでもお知らせください。
普段、文字でのやり取りのみの方にもわざわざお立ち寄り頂き、良い色に育てて貰えたお財布の姿を見られたのは何よりのご褒美でした。(ボタンの交換はいつでもお申し付け下さいませ)

次回はいよいよデザインフェスタ。
色々忙しい時期だから思うように出来ないかもしれないけれど、気持ちを切り替えて準備していかないと・・・でも、今日はちょっと贅沢をして一休みしたいデス。。。

2016年10月12日 (水)

タンナー見学

Pa122590


Pa122609


Bagyard主催の工場見学会で東墨田の藤豊工業所さんへ行ってきました。
藤豊工業所さんは、世界でも20社ほどしかないと言う爬虫類革専門のタンナーで(国内にある6社の内の一つ)特にクロコダイルを得意としているタンナーさんです。
素材自体が高価で、普段扱っている牛革と比べると気軽に扱うことの出来るものではないので(そもそも仕入れられるのか?)、純粋に見聞を広めるための見学でした。

一枚の革を仕上げるまでの間には、経験と科学の高度なバランスの元に”この人にしか任せられない”という高度な職人技に支えられながら、90日もの時間をかけ、革の状態、天候に合わせ細々とした薬品の配合や工程を秒単位で管理しながら、ワニの持つワイルドなイメージと裏腹にとても繊細な作業の積み重ねを経て皮から革へ仕立てていくことを知ることが出来ました。

見学の合間に染色と仕上げの工程を少し体験させて頂き、簡単な栞を作りましたが、牛など哺乳類の革と爬虫類の革では繊維の様子も異なり、その違いから革を染める染料がかなり高価なものを使うという話なども印象に残りましたが、お仕事中お邪魔しているにも関わらず丁寧な説明や工場で働く職人さんたちの自信に満ちた笑顔がとにかく素敵でした。

知れば知るほど奥が深い、革の世界をまた一つ知ることが出来ました。(フェイスブックの方にコメントつきで写真を多く載せています)

2016年10月 3日 (月)

今週末は妙典なかなか小町です

Pa032586

さて、今週末は妙典なかなか小町の手づくり市です。
地元千葉県のイベントなので色々気が楽です。(笑)
前回の様子を思い浮かべるとゆったりとした感じの一日になりそうですが、新しいご縁が生まれると良いなと思いつつ準備を続けています。

«すみだ川ものコト市

最近の写真

  • Pb242920
  • Pb142928
  • Pb142927
  • Pb142923
  • Pb012909
  • Pb012903
  • Pb012902
  • Pb012898
  • Pa242622
  • Pa122609
  • Pa122590
  • Pa032586