Growthring Leatherworks

特別な物より普通の物。 華やかさは無いけれど大切な物。 毎日使う物だからシンプルで機能的に。 長く使う物だから丈夫に。 そして、もしものときは修理できるよう。 暮らしの中に溶け込み、使うほどに馴染んでいく。 命あったものを形に変えて。 そんな思いを込めて、ひとつひとつ。



こんな思いとこだわりで制作しています。

●素材
国内のタンナーの手による牛革を中心に制作しています。 植物性タンニンでなめされた革は使うほどに色艶を増し、使う人の癖を反映させ一つ一つ違う表情を持ったアイテムへ成長していきます。 革の表情を活かす染料染めのものを多く扱っているので、使用上問題のない程度の傷や染みなど含まれる場合もあります。 本来ならそういう部分を除いて制作すべきかも知れませんが、わずかな欠点のために使えない素材を出すことへの疑問から耐久性に難のある場合を除きそのまま使用しています。(目立たぬように工夫します)


●縫製
蜜蝋を塗った麻糸を2本の針で縫い上げる昔ながらの手縫いの技法で仕立てています。 ミシン仕立てのものは一箇所の糸のほつれが全体に影響してしまうこともありますが、手縫い仕立ては一箇所切れたとしてもそれ以上広がることなく修理もしやすいものです。 ただどうしても時間のかかる作業のため数をこなす量産仕事には向かないのですが、多品種少量生産のような場合には返って小回りが利くんじゃないかなと思っています。


●金具
丈夫でエイジングも楽しめる真鍮製の金具や落ち着いた色合いのアンティーク加工の金具を好んで使っているので、きらきらとした雰囲気は出ませんが落ち着いた雰囲気を好まれる方には喜んで貰えるかなと思っています。 一般的なクロムめっきの金具も少しずつめっきが薄くなり、輝きが鈍くなっていく良さもあるので甲乙つけがたいところです。


●制作
設計から一人の作り手が一貫して制作しています。 会社勤めの傍らの制作ということと、手づくり市などクラフトフェア向け定番アイテムの制作に偏りがちなのでオンラインの在庫は中々追加できないのですが、受注制作も可能ですのでご相談ください。(ステッチの色変更、金具の色変更などできる物もあります)


●オーダーメイド
既成のものをアレンジするような物であれば対応可能ですが、ゼロから設計するフルオーダーについては難しい状況です。 フルオーダーの場合は制作費の他に図面代も発生してしまうので思われる以上に高価な物になってしまうかも知れませんが、既成の物にはない、”こうしたい”と言う強い思いがもしあるのでしたらご相談ください。


●イベント出店
月に2回程度、都内近郊の手づくり市、デザインフェスタなどのイベントに出店しています。 試作サンプルなど現品限りのアイテムなどオンラインでは出さないものも並べています。


10月以降の出店予定

10月22日(日)&SCENE手創り市 ブース番号40
千駄木 養源寺

9:00-16:00


11月12日(日)デザインフェスタvol46 ブース番号G-98
東京ビックサイト

11:00-19:00


11月18日(土)19日(日)手創り市ブース番号22
雑司が谷 鬼子母神

11:00-19:00


次の予定が決まり次第お知らせいたします。


一部アイテムは通販でもお求めいただけます。
手仕事のギャラリー&マーケット iichi(いいち)

instagramはこちら

instagram

facebookページはこちら

facebookページ


ホームページはこちら

ホームページ

 

2017年10月18日 (水)

素材の話とブックカバー

Pa184227

お財布やノートカバーなどの小物を中心に個性の異なる3種類の革を使って日々制作しています。
3種類の革は定番中の定番と言えるヌメ革のナチュラル(肌色の革からあめ色へ)、ワックスを浸透させた革(マットな質感から艶々に変化)、そしてたっぷりのオイルを含ませたオイルレザー(透明感のある艶に変化)。
それぞれに良さと難しさのある素敵な素材です。

特にオイルレザーは使い込んでいたときの艶の透明感、革らしい香りなど一押しの素材です、が、色々扱いの難しい素材でもあります。
部品を組立て縫い合わせる際にボンド等で貼り合せてから糸の通る穴を開けチクチクと縫製していきます。
この貼り合わせに使う接着剤が曲者で、良く使われるゴム糊は革の油分が悪さをしまったく役に立ちません。
耐油性の高いニトリル系のボンドを使うのが解決法の1つですが、溶剤臭が中々抜けず扱いにくい接着剤と感じています。
そんな訳でサイビノールなど酢酸ビニル系(木工ボンドと同じもの)の接着剤を貼り合わせる両面に塗って手早く貼り合わせることが多くなっています。

他にも製品の用途によっては困ったことになるのが他の物へのオイル移り。
要は染みが付いてしまうことがあると言うこと。
仕込み中の部品をうっかり重ねて置いて、まっさらなヌメ革にオイル染みを付けてしまったり、本の汚れを防ぐはずのブックカバーが本を汚してしまったり。

使い込んだときの深みのある艶や多少の水濡れを気にしないで済むこと、実はメンテナンスフリーといっても良い位ずぼらに扱える、普段使いに良い革だと思っているのですが、色々お約束があるのが難しいところです。

実験的に特にオイルの多く入った部分を使ってサンプル製作したブックカバーの実績(1週間くらいで読みきらないと本に移ったオイル染みが目立ってくる)を踏まえ、オイルレザーを使ったブックカバーは豚革の裏張りをする仕様に切り替えていく予定です。(ノートカバーは今までの仕様で行く予定)
裏張りをするのは手間とコストがかかりますが、表革は単体では製品に使いにくいお腹周りや首周りの緩めの革を使って使用感と価格的なバランスを取りつつ、使って楽しい品物に仕上がりました。

2017年10月 8日 (日)

すみだ川ものコト市

雨開催でスタートしたすみだ川ものコト市。
雨が上がった昼前から自分を含めた晴れの日チームも加わり、わいわいがやがや、楽しい一日になりました。
足元が悪い中(雨天開催の告知だったにもかかわらず)沢山の方にお立ち寄り頂きありがとうございました。

次回は10月22日日曜日の&SCENE手創り市に出店予定です。
朝から気持ちの良い青空になりますように!

2017年10月 5日 (木)

7日のものコト市

7日に開催予定のすみだ川ものコト市は雨でも余程の大雨でもなければ開催されるものの、雨よけのテント(キャンプ用ではないイベント用の4本足のもの)を持ち込みが必要で雨天実施の場合の結構ハードルが高い。
多分、雨開催になるだろうと思いながら天気予報を見つつ準備を進めています。

うちは雨に対応した備品も無く、水濡れを嫌う革製品を扱っている事もあって晴れ開催のみの出展で申し込んでいるので、雨開催の場合はお休みです。

前日の予報で降水確率70%なら雨天開催、それ以下の場合でも当日朝6時の時点で雨だったら雨開催。
予報の数字だけを見ると行けそうだけど、時間ごとの予報を見る限り大分厳しい感じ・・・持ち直せ! 天気!

2017年9月30日 (土)

10月のお知らせ

去年から続くお仕事関係のモヤモヤが続き、お天気も休みのたびにスッキリしない巡り会わせばかりす。

身の回りの事では10年ぶりにバイク用のブーツを新しくしました。
革製のブーツでよい物を見つけたものの実物にめぐり合うことが出来ないまま、ああでもない、こうでもないと踏ん切りがつかないままブーツが限界を迎えてしまい、結局同じ銘柄の、ただしモデルチェンジした新型を購入しました。
木型が変わったのか、古いブーツが馴染みすぎていたのか同じサイズでは少しきつく1つ大きな物を選びました。
機能重視の品物なので大きくモデルチェンジする必要が無いという事なんだろうけど、10年経っても同じ物(改良された)が手に入るって中々無いんじゃないかなと思いました。


さて、10月の予定のお知らせです。
お時間ありましたら遊びに来てください。

10月7日(土)
すみだ川ものコト市
10:00-16:00
会場:牛嶋神社・墨田公園
ブース番号74

10月22日(日)
&SCENE手創り市
9:00-16:00
会場:養源寺
ブース番号40

冬に向けて通販用の在庫を準備していますが商品の公開作業が滞っています。
複業スタイルで活動している人は仕事(メイン)とモノヅクリ、普段の生活をどうやりくりしているのか、そんなことが気になる今日この頃です。

2017年9月18日 (月)

雨天中止

台風の影響で一日中雨の止むことの無かった手創り市の日曜日。
屋外のイベントなのでお天気には勝てないと分かっていても雨天中止は何度経験しても残念です。

広い範囲に爪あとを残した台風18号。
幸い身近な範囲では被害も無く、夜中に吹き荒れる風の音で目が覚めるた位で済んだだけで良かったという所でしょうか。

去年の9月も雨天で中止になったので2年続けて9月は出展なし。
2度あることは3度あるのか、来年は晴れて欲しいものです。

さて、10月は2つのイベントを予定しています。
10月7日土曜日のすみだ川ものコト市(10:00~16:00)
10月22日日曜日の&SCENE手創り市(予定)
次こそ晴れろ! そう念じながら準備しています。

在庫の切れるタイミングと併せて品物のマイナーチェンジを幾つか進めています。
単価は少し上がるかもしれませんが、それ以上に良い物になるようにあれこれ考え中です。

2017年9月 2日 (土)

9月のお知らせ

メインの仕事は相変わらず慌しく、そしてモヤモヤした思いは晴れないまま。
同じ仕事を10年近く続け考えなくても経験で処理できるようになり、自分の伸び代はもう無いのではないか、そんな思いに捕らわれ青空の少ない今年の夏のような気分で居ます。

そんな状況とバランスを取る様に、革に関わる部分では試行錯誤を重ね前に進む手ごたえの様なものを感じられている事を思うと、差し引きゼロでバランスは取れている気はしています。(良いことだとは思えないけど)
さて、9月は17日日曜日の鬼子母神の手創り市に出店予定です。
ブース番号は9番、参道沿いの駄菓子屋さんの近くになります。
秋からの本格的なシーズンインを前にお買い得品を幾つか並べて弾みをつけてみようと企んでいますので、ぜひお立ち寄くださいませ。

2017年8月 7日 (月)

イベント3連戦を終えて

7月から8月に掛けてのイベント3連戦も終わりほっと一息と行きたいところですが、そうは行かないのが仕事掛け持ちの悲しいところ。
繁忙期はまだまだ続くようです。。。

HMJ2017、真夏のデザインフェスタと大きなイベントに出てみると、当たり前ですが革製品を扱う出店者も多く同じ機能のものを作るにしてもデザインや作り方、商品の見せ方がそれぞれ違いなるほどなと思わせることが多かったです。
品数は少ないけど、色のバリエーションは多いというパターンが多かった様な印象の中、自分のところは比較的品数が多いほうになるんだなと感じられたのは一つの発見。
見渡してみると個性のような物が出せるようになってきた、そう思えるようになる位には自信が(控えめですが)付いてきたのかも知れません。

次回の予定は9月の鬼子母神の手創り市にエントリーしようと思っていますが、今のところ未定です。
その間に定番品のストックを増やして、放置気味のあれやこれやの体勢を立て直そうと思う今日この頃です。。。

2017年7月 1日 (土)

出店のお知らせ

梅雨空が続く7月1日。
電車に乗るとたとえようの無い睡魔に襲われる今日この頃です。。。

さて、7月、8月の予定のお知らせです。
7月17日 手創り市 ブース番号51
雑司が谷鬼子母神の境内で9:00~16:00開催です。
先月は無念の雨天中止でしたが、今月はいかに?

7月23日 HMJ2017 ブース番号H-112
東京ビックサイト西ホールにて11:00-19:00開催です。
入場料の掛かるイベントですがぜひお立ち寄り下さい。

8月6日 真夏のデザインフェスタ ブース番号A-68
東京ビックサイト東ホールにて11:00-19:00開催です。
真夏にありがたい屋内開催のイベントです。
HMJの2週後ですが、こちらも是非。

この後は10月のすみだ川ものコト市、11月のデザフェスと大きな催し物の出店も決まりました。
定番品を中心に新色や今までと少し質感の異なる革でのご提案など出来たらよいなと考えています。

2017年6月25日 (日)

雨天中止

2週続けての雨天中止。
楽しみにしていただけに流石にがっかり。
梅雨時だから仕方ないと思いつつ、在庫に余裕の出た今だから色々出来ることが増えて良かったとも思いつつ、準備した物の片付けタイムです。

次回は選考に通れば7月の鬼子母神と23日のHMJ2017、8月6日の夏のデザフェスと大き目の催しが続きます。
メインの仕事も繁忙期を迎え時間のやりくりに白目を剥きそうになりますが”シンプルで使いやすい”オトナの革小物をお届けできるよう仕込んでいきます。

とは言え、
今日はのんびり休息日にします。。。

2017年6月18日 (日)

雨の日曜日

ギリギリ天気が持つかと思っていた手創り市は早々に中止の判断となり、予定外にぽっかりと空いた日曜日。
疲れ気味の身体には丁度良かったかもと思いつつ、先送りしていたパソコン作業を片しています。

更新の手軽さからインスタを使っての情報発信に偏っていますが、投稿内容をホームページの一要素として組み込めるようで早速手を加えてみました。
これで少しは”生きているページ”感が出てくると良いな・・・と、思っています。

«堂々巡りと気分転換

最近の写真

  • Pa184227