Growthring Leatherworks

特別な物より普通の物。 華やかさは無いけれど大切な物。 毎日使う物だからシンプルで機能的に。 長く使う物だから丈夫に。 そして、もしものときは修理できるよう。 暮らしの中に溶け込み、使うほどに馴染んでいく。 命あったものを形に変えて。 そんな思いを込めて、ひとつひとつ。



こんな思いとこだわりで制作しています。

●素材
国内のタンナーの手による牛革を中心に制作しています。 植物性タンニンでなめされた革は使うほどに色艶を増し、使う人の癖を反映させ一つ一つ違う表情を持ったアイテムへ成長していきます。 革の表情を活かす染料染めのものを多く扱っているので、使用上問題のない程度の傷や染みなど含まれる場合もあります。 本来ならそういう部分を除いて制作すべきかも知れませんが、わずかな欠点のために使えない素材を出すことへの疑問から耐久性に難のある場合を除きそのまま使用しています。(目立たぬように工夫します)


●縫製
蜜蝋を塗った麻糸を2本の針で縫い上げる昔ながらの手縫いの技法で仕立てています。 ミシン仕立てのものは一箇所の糸のほつれが全体に影響してしまうこともありますが、手縫い仕立ては一箇所切れたとしてもそれ以上広がることなく修理もしやすいものです。 ただどうしても時間のかかる作業のため数をこなす量産仕事には向かないのですが、多品種少量生産のような場合には返って小回りが利くんじゃないかなと思っています。


●金具
丈夫でエイジングも楽しめる真鍮製の金具や落ち着いた色合いのアンティーク加工の金具を好んで使っているので、きらきらとした雰囲気は出ませんが落ち着いた雰囲気を好まれる方には喜んで貰えるかなと思っています。 一般的なクロムめっきの金具も少しずつめっきが薄くなり、輝きが鈍くなっていく良さもあるので甲乙つけがたいところです。


●制作
設計から一人の作り手が一貫して制作しています。 会社勤めの傍らの制作ということと、手づくり市などクラフトフェア向け定番アイテムの制作に偏りがちなのでオンラインの在庫は中々追加できないのですが、受注制作も可能ですのでご相談ください。(ステッチの色変更、金具の色変更などできる物もあります)


●オーダーメイド
既成のものをアレンジするような物であれば対応可能ですが、ゼロから設計するフルオーダーについては難しい状況です。 フルオーダーの場合は制作費の他に図面代も発生してしまうので思われる以上に高価な物になってしまうかも知れませんが、既成の物にはない、”こうしたい”と言う強い思いがもしあるのでしたらご相談ください。


●イベント出店
月に2回程度、都内近郊の手づくり市、デザインフェスタなどのイベントに出店しています。 試作サンプルなど現品限りのアイテムなどオンラインでは出さないものも並べています。


9月以降の出店予定


9月19日(月・祝)手創り市 ブース番号69番

雑司が谷鬼子母神
9:00-16:00


10月8日(土)妙典なかなか小町de手作り市 サクラホール会場

妙典なかなか小町
10:00-16:00


10月22日(土)すみだ川ものコト市

牛嶋神社・墨田公園
10:00-16:00


11月27日(日)デザインフェスタVol.44

東京ビックサイト
11:00-19:00



次の予定が決まり次第ブログ上にてお知らせいたします。


一部アイテムは通販でもお求めいただけます。
手仕事のギャラリー&マーケット iichi(いいち)

Cucuru Ecological Marketplace


facebookページはこちら

facebookページ


ホームページはこちら

ホームページ

 

2016年9月26日 (月)

天気にいいも悪いも無いけれど

facebookの方が投稿しやすい事もあってブログ少し放置気味です。

台風が続けてきたり、梅雨以上に雨が降ったんじゃないかと思う秋雨前線が長々と居座り続け、いい加減すっきりとした青空を見せろ! と思う今日この頃。
基本的に屋外のイベント出店ばかりなので、雨が降ると出店の機会が無くなり、在庫補充に追われることも無くなるという嬉しいような嬉しくないようなゆったりとした9月でした。
お陰さまで(?)懸案だった作業場(と言う名の6畳間)に作業机を作りつつ、不用品の廃棄と模様替えを済ませる事もできたし、まぁ、外向きのモノ・ことに使っていたエネルギーを内向きに使って次のステップへの足場固めのような事が出来たんじゃないかと思っています。
とは言え苦手な物は先送りというか逃げてばかりでいることには変わりが無いから、そろそろ重い腰を上げないと・・・と今日も先送りです。
さて、10月は妙典なかなか小町とすみだ川モノこと市の2回戦、今度こそ天気に恵まれ出店したいです。

2016年9月15日 (木)

単語帳その2

P9142481


P9142491


秋雨前線と台風の影響なのかスッキリしない天気が続きます。
青空を見たのは一体いつ以来だろうかと遠い目をしてみたりして・・・

住環境と作業環境の整理をかねがねアパートの部屋の模様替え(と言うより大掃除)をしているので、革小物の製作はいつになくスローペースで進んでいます。

急がば回れ、良い品物は整った環境から。

フルタイムの仕事をしながらの制作活動なのであれもこれもと欲張れないのが兼業で作り手をする身の辛いところだけど、今の環境でどうにか出来ないとこの先どうにかなる物でもなく踏ん張りどころだろうか。

片付けばかりで手を動かさないも手が鈍る。
と、言うわけでイタズラで作った単語帳カバーを4色お試しで制作しました。
どの位需要があるか、まずは実地でテストして考えてみよう。

雨さえ降らなければ19日は鬼子母神の手創り市。
台風の進み具合が思ったより遅いから持つんじゃないかと淡い期待を抱きつつ、夜のお仕事(笑)に取り掛かります。

2016年9月10日 (土)

単語帳カバーあるいは革表紙

P9092476


P9092479


だいぶ前に単語帳カバーを企画してボツにしたときに余った単語帳が1冊部屋の隅から出てきた(作業環境の改善を兼ねて部屋を片づけ中)のも何かの縁、気分転換ついでに単語帳の革表紙(?)を制作しました。

作り方はいたって簡単、表紙の大きさに合わせて革をカットし縫い合わせるだけ。
リングを通す穴は表紙の穴と揃えて開ければ良いから型紙を起こす必要も無いくらい簡単な作業です。
表紙より少し長めに作ってあげる位が注意点かな?

単語帳に限らずノート全般、同じ大きさに見えて結構サイズがまちまちなので汎用品としてカバー類を制作すると大きくなり過ぎたりすることもあって作り手としては頭が痛い所です。
大きいほうに合わせると間延びするし、小さいほうに合わせると使える物が限定されてしまう。
さて、どうしたものか?

2016年9月 3日 (土)

薄くてスリムな長財布

P9022467


P9022449


薄さと容量のバランスにこだわって企画した長財布のカラーオーダー品も一先ず完成。
作っている間は集中しているからかなり主観的な評価に偏りがち、一晩置いて落ち着いた目で検品してから発送予定です。

2016年9月 1日 (木)

9月以降のお知らせ

ツクツクホウシも鳴き始め夏の終わりを感じるようになりましたが、相変わらず暑いものは暑いですね。。。

さて、9月以降のイベントのお知らせです。
定番品、新作などあれこれ出していければと企んでいます。

手創り市
9月19日(月・祝)9:00~16:00
ブース番号69
雑司が谷鬼子母神

妙典なかなか小町de手作り市
10月8日(土)10:00~16:00
妙典なかなか小町 サクラホール会場

第11回すみだ川ものコト市
10月22日(土)10:00~16:00
牛嶋神社

デザインフェスタVol44
11月27日(日)11:00~19:00
東京ビックサイト

2016年8月30日 (火)

真夏のデザフェス

真夏のデザインフェスタも無事に終わりほっと一息。
メインの仕事の繁忙期も終わりを迎え、二つ分のお仕事の疲れがどっと出て来そうなそんな感じの今日この頃です。

台風の影響もあったのか、時折雨の降る肌寒い天気のせいか、それとも第1回目ということもあったのか、春と秋のデザフェスと比べると落ち着いた人出だったような印象であまり殺気立った(?)感じがしなかったのが学生時代の文化祭的な匂いをより濃くしているようで面白かったです。

改めて、真夏のデザインフェスタでお買い上げ頂いた皆様、お立ち寄り頂いた皆様、ありがとうございました。
オーダー分については順に制作していきますので完成まで少々お待ち下さいませ。

2016年8月19日 (金)

名刺入れの試作

P8192429


P8192430


名刺入れのリニューアルを考えているのですが、作り易さと歩留まりの良さを考え出すと思うように終わらないです。
最初に試作したマチの造りでは無駄に作りづらかったので一度糸を切ってマチを付け替え縫い直す”何やってんだか”という作業を経て試作一号の作業終了。
試作だからと革のゆるい部分を使っていたせいもあって、縫い直ししている内に革が延びて形がちょっとゆがんでしまったのはご愛嬌。(商品にし辛い部位の革はこういう感じでも活用しています)
一応、設計目標を名刺50枚収納を目論んで形にしてみたけど現状では40枚強の収納力。
差込錠の受けの位置を少しずらせば大丈夫そうだから概ね目標達成、かな。

頭で考えるだけじゃなくて実際に手を動かしてみて納得のいくことの方が多いから、時々時間をしっかり取ってこういう作業を優先させる時間を作らないといけないなと改めて感じます。
まだまだ引き出しが少ないと思う今日この頃です。

2016年8月18日 (木)

試作していたコインケース

P8182418


P8182419


結局、この形に落ち着いて試作終了。
カードや名刺も収まるサイズ感で制作しているのでカードケースとしても使えるのは便利なんじゃないかなと思います。
お札も入ることは入るけど、4つ折にしなければ収まらないので積極的にオススメしたい使い方ではないかな。。

L字型ファスナーのオーソドックスなデザインのお財布だけど、マチの作り方はちょっと面白い感じに出来ているんじゃないかなと作り手として感じています。

試作品のアレンジ

P8172416


色々作るほどに問題になってくる物、それはハギレと試作品。
ここのロスをいかに無くしていくのかが長く続けていくポイントなのかなと思っています。(もちろん、沢山あるものの一つでしかないけど)

せっかくの休みだから出かけたい所だけど、あちこちで大雨になっているとお天気アプリの雨雲レーダーが地図上に広がる赤や黄色のまだら模様で教えてくれるのを無視するほどの用事でもない。
こういう日は大人しく体と頭を休ませなさいという事なんだと思えるようになって来た感じかな。

少し前から試作しているコインケースと練習用に作ったまま使い道の思いつけなかったトリック編みのストラップ。
有り合わせのファスナーを使って長さが足りずに隙間が出来ていた場所にリングとストラップを組み合わせアレンジしてみると、不思議なくらいしっくり来たのが面白い仕上がり。
きちんと作り直して売り物にと考えなくは無いけど、仕切り無しのシンプルなコインケース(カードケース兼用)の値段にはならないから、面白がっては貰えそうだけど使って貰えるだろうかと考えると悩ましいところ。

2016年8月13日 (土)

コインケースのMサイズ

P8132396

右側のほぼ正方形なデザインのコインケースを定番としていますが、もう少し大きな物をというリクエストが多く四つ折のお札やカードを一枚仕舞える大きさの物を試作してみました。
これで特に問題は無いけど、カードの出し入れのしやすさを考えて少しだけ大きく図面を修正して設計終了です。

結局どの大きさが平均的な期待値に近いのか分からないけど、型紙として3タイプ持っていればどれかしらか役に立ってくれるはず。

«トリック編みのカメラストラップ

最近の写真

  • P9142491
  • P9142481
  • P9092479
  • P9092476
  • P9022467
  • P9022449
  • P8192430
  • P8192429
  • P8182419
  • P8182418
  • P8172416
  • P8132396