Growthring Leatherworks

特別な物より普通の物。 華やかさは無いけれど大切な物。 毎日使う物だからシンプルで機能的に。 長く使う物だから丈夫に。 そして、もしものときは修理できるよう。 暮らしの中に溶け込み、使うほどに馴染んでいく。 命あったものを形に変えて。 そんな思いを込めて、ひとつひとつ。


こんな思いとこだわりで制作しています。

●素材
国内のタンナーの手による牛革を中心に制作しています。 植物性タンニンでなめされた革は使うほどに色艶を増し、使う人の癖を反映させ一つ一つ違う表情を持ったアイテムへ成長していきます。 革の表情を活かす染料染めのものを多く扱っているので、使用上問題のない程度の傷や染みなど含まれる場合もあります。 本来ならそういう部分を除いて制作すべきかも知れませんが、わずかな欠点のために使えない素材を出すことへの疑問から耐久性に難のある場合を除きそのまま使用しています。(目立たぬように工夫します)

 

●縫製
蜜蝋を塗った麻糸を2本の針で縫い上げる昔ながらの手縫いの技法で仕立てています。 ミシン仕立てのものは一箇所の糸のほつれが全体に影響してしまうこともありますが、手縫い仕立ては一箇所切れたとしてもそれ以上広がることなく修理もしやすいものです。 ただどうしても時間のかかる作業のため数をこなす量産仕事には向かないのですが、多品種少量生産のような場合には返って小回りが利くんじゃないかなと思っています。

 

●金具
丈夫でエイジングも楽しめる真鍮製の金具や落ち着いた色合いのアンティーク加工の金具を好んで使っているので、きらきらとした雰囲気は出ませんが落ち着いた雰囲気を好まれる方には喜んで貰えるかなと思っています。 一般的なクロムめっきの金具も少しずつめっきが薄くなり、輝きが鈍くなっていく良さもあるので甲乙つけがたいところです。

 

●制作
設計から一人の作り手が一貫して制作しています。 会社勤めの傍らの制作ということと、手づくり市などクラフトフェア向け定番アイテムの制作に偏りがちなのでオンラインの在庫は中々追加できないのですが、受注制作も可能ですのでご相談ください。(ステッチの色変更、金具の色変更などできる物もあります)

 

●オーダーメイド
既成のものをアレンジするような物であれば対応可能ですが、ゼロから設計するフルオーダーについては難しい状況です。 フルオーダーの場合は制作費の他に図面代も発生してしまうので思われる以上に高価な物になってしまうかも知れませんが、既成の物にはない、”こうしたい”と言う強い思いがもしあるのでしたらご相談ください。

 

●イベント出店
月に2回程度、都内近郊の手づくり市、デザインフェスタなどのイベントに出店しています。 試作サンプルなど現品限りのアイテムなどオンラインでは出さないものも並べています。

 

4月以降の出店予定

4月15日(日)手創り市 大鳥神社会場
9:00-16:00

4月22日(日)&SCENE手創り市 ブース番号10
9:00-16:00

5月12日(土)デザインフェスタVol47 ブース番号E-109
11:00-19:00

次の予定が決まり次第お知らせいたします。

一部アイテムは通販でもお求めいただけます。
手仕事のギャラリー&マーケット iichi(いいち)

instagramはこちら

instagram

facebookページはこちら

facebookページ

 

ホームページはこちら

ホームページ

 

2018年7月12日 (木)

ステルス什器

同業さんのブースレイアウトを見ていて気付いたのは、どこも皆、茶色い。
扱う品物自体がいわゆるアースカラー、暗めの色合いの物だから見事に沈み込んでしまう。
よく言えば一体感や統一感があるけど、一つ一つの品物が目立たな過ぎて勿体ない。

なんとなくこう言うものだと深く考えず”茶色”に偏った什器を使っているけど、品物をアピールするのではく、カモフラージュさせる、言うなればステルス什器になっていたのかも知れない。
このことに気付いただけでも高い出展料を出した甲斐があった。。。と思いたい所です。(赤にはならなかったけど)

2018年6月21日 (木)

梅雨空に思う

何事にも熱く、勢いのある人ってどの業界、現場にも居るもので、大好き楽しい気持ちいいとばかりに生き生きとしている。
当然、そういう人ばかりが目立ち注目を集めることになる。
でもその強烈な光にかき消されるように、静かに、淡々と、クールに、やるべきことを普段通りに続けている人の方が圧倒的に多く、でも、比べるまでもなく注目されることは少ない。

ふと、そんなことを考えた梅雨空の木曜日。

ごくごく一般的なアパートの1室で日々制作していますが、これからの季節は暑さと湿気でストックしている革の匂いが籠りがちです。
それに加え、やむを得ず部屋に干した洗濯のにおいも加わると中々どうして、困った感じになることがしばしば。
部屋の換気と除湿、空気清浄機などなど、文明の利器と手間をかけながら乗り切る夏がそこまでやって来ていますね。やれやれ。

2018年6月16日 (土)

バランス

材料に余裕があると作りたいとき、アイデアが浮かんだ時にためらわずに試すことが出来る。
この事に気が付き、ある程度実現できるようになるまで結構な時間が必要になりましたが、小物中心の制作であれば好きに出来るようになってきました。

素材面での環境は良くなっても、時間的な環境は良くならず一番時間が取れた時の半分くらいの作業時間をやりくりしながら日々の制作を続けています。
無理をして作ろう、作ろうと思うほど空回りしているのだから、思い切って休む方が良いと思っていても気が付けば机に向かい手を動かしている。
これはもう、息をするように作っていると前向きにとらえる方が良いのではないかと思ったりしますが、実際は手を動かさないでいる事への不安感を紛らわせているのが半分、もう半分は好きな事をして気分転換をしている、相反する気分というか動機で不思議なバランスが取れている状態なんだろうなと思っています。

2018年6月 9日 (土)

カメラ

出来上がった品物の写真は作業台の上でああだ、こうだ迷いながら撮っています。
被写界深度の深いm4/3のカメラを使っているので、絞りが開放に近くてもそこそこ広い範囲にピントの合った(様に見える)写真が撮れるので、35㎜フルサイズやAPS-Cのカメラは自分の用途には合わないかな、と。

副次的なメリットとして、いや、こちらが本来のメリットなのだろうけど、小型軽量で自転車やバイク、歩きの旅に出るときに、より身軽に動けるのでカメラを持ち出す機会が増えます。
デジカメの無かったころは重たい一眼レフに交換レンズを数本持ち歩き、ひーひー言いながら写真を撮っていましたが、写りの良いコンパクトを買ってからはまるで持ち出さなくなりました。
高性能な機械でも必要な時に無ければ、所有欲を満たせる以上の意味がない、という所で、思い出す度に遠い目をしてしまいます。

物撮り用に今まで使っていた14㎜と45㎜のレンズにシグマの30㎜を買い足して、日々の撮影に使っていますが、財布や名刺入れくらいの大きさの小物を撮るだけなら、取り合えず25㎜のいわゆる標準レンズかマクロレンズを持っていると最小限の投資で済むので、レンズキットで付いてきたズームレンズに買い足すと色々楽しくなります。

所有欲を満たしたいだけの買い物を控えられるようになってきたのは、大人になった証拠だろうか。

2018年5月26日 (土)

作品か製品か

作り手の意識としては、自分のセンスを世に問う「作品」ではなく、日々使って貰えるような「製品」として細々と制作を続けています。

お客さんからは「作品」としてとても大事に思って貰えていて、とてもありがたいなと感じていても、作る方としては製品としての精度と再現性を意識して作っているので、「作品」と言われると照れくさいというかこそばゆいと言うか、内心、落ち着かない気持ちになっています。

作り続けることで技術は上がるものだから、年単位で同じ型のアイテムを比べると、どうしても差が出てしまう事はありますが、当たり外れの様なものが極力出ないよう、やってみると中々難しいことを考えながら作っています。

2018年5月19日 (土)

目から入るもの

たいていの物事はネットで調べがついて、簡単かつスピィーディに解決、しかも無料で。
それでもお金を払って本を買ったり、時間をかけて何かを見に行くことの方に価値を見出しています。
急いで答えを知りたいときや、比較しながら何かを調べる様なときにはネットをフル活用しているので、少し自己矛盾に陥りそうですが、本屋やホームセンターの棚を泳ぎまわったり、気になるお店や物を実際に見に行くことや、小さな箱の映画館に行くことが大事なことだと思っています。

もちろん、誘惑も多いけど。

革小物を扱うメーカーや作家さんのサイトは出来るだけ見ないようと思っていたのは、影響されやすい自分の癖を考えてのことだったけど、インスタを使い始め、それこそ世界中の作り手の作品を見るようになって、そうきたかー、やるなー、同じじゃん、等々感じるようになり、黙々と一人針仕事をしている同じ時間、世界のどこかで同じように制作している作り手がいると感じられ、何だか面白く感じています。

2018年5月16日 (水)

値段

景気は緩やかに回復を続けているといニュースを見て、どこの国の話なんだろうと思う人は多いはず。
材料費は上がるのに製品代は下がっていく不思議なことになっています。

店舗を持たず、隙間の時間をやりくりしながら限定的な規模で活動を続けているので、必要なコストがそもそも低く、それに合わせて製品代も低く設定していますが、売れ行きはじわりじわりと低下傾向。
以前価格の見直しをした時には殆ど影響のなかった(むしろプラスに動いた)のに、高いと言われることが以前と比べ多くなったような印象です。

自分のことを振り返ると買い物にシビアになっているのは間違いなく、物の割にとても安い! そんな買い物大好きです。
でも、とても良いものを作るにはそれなりの手間もお金も必要で、そう言った物が安いということはどこかで無理をしているに違いなく、その無理が回りまわって自分の所にもやって来たのかも知れない。
そう感じています。

2018年5月 5日 (土)

対応に困ること

穏やかな季節だから出かけたいと思えば思うほど、仕事や天気に振り回され出かけられなくなるのは何故だろう?

連休中は仕事に出ているので週明けから代休的に休みになりますが、週間予報は今一つパッとしない予報、雨男だったっけ? と自信を無くしてしまいますが、来週末のデザフェスに向けて色々整理する時間が取れるから丁度良かったのかも知れません。

ホームページなどで連絡先を載せていると、時々広いネットの海の中から見つけて貰いお仕事に繋がることもあるのですが、雑誌広告出しませんかという営業メールや〇〇に出店しませんかというメールが大半。
この頃増えてきたのが、中国のOEM製作会社というのか「量産するなら使ってね!」的な営業メール。
向こうもお仕事だからそれらしき所を見つけたら取り合えずメールを送るのだろうけど、量産して規模を拡大する積りもないし、雑誌広告出すほどの予算規模で活動していないし、どちらにしても手の届く範囲、目の届く範囲からは大きく外れてしまう様なことは考えていないから、ほとんどの場合は放置しています。

営業メールで良くあるのが「〇〇のイベントで拝見しメールしました」と言った書き出しの物。
これ、受ける側からすると一番返事を出したくないやつ。
本当に見に来ていたならその場で声をかければ印象も違うし、その時は何もなくても次につながる何かをお互いに得ることが出来たかもしれないのに、センス無いなぁと思ってしまいます。

2018年4月26日 (木)

5月のお知らせ、他

5月の出店予定は12日土曜日のデザインフェスタ。
ぼちぼちと準備をしていますが、油断をしているとすぐに当日になってしまいますが、季節も良いので外に出たい誘惑に負けそうです。

什器を新しくしたのに合わせ、アクリルの財布立てを少し大きなものに置き換え始めています。
安定感が増して使い勝手は良いものの、角が立っているのでデリケートな表面の革に傷が付きそうで面取り作業をやらなければという所。
予定外の作業が発生するのは気が重いけど、大事な品物に傷を付ける前に処理しておかないと悲しいことになってしまいます。

既製品のまま使えるのが一番簡単で良いのですが、必ずしもそういう物ばかりではなく面倒といえば面倒です。

新しく作った什器も取り合えず安定して使えそうな感じで良いのですが、どうにも重く、商品と合わせると一体何キロあるのやら。(15~20kg位ある?)
だからと言って軽くすれば屋外イベントにつきものの風に対して弱くなってしまうので仕方のない範囲に収まったと思うことにしています。

2018年4月20日 (金)

再設計

素直になれない不器用さからなのか、ただのへそ曲がりなのか、簡単な道具と教科書的な本を買っておよその作り方を見ていきなりオリジナル設計のブックカバー、印鑑ケース、二つ折りの財布、そしてトートバックと色々作って今に至ります。
教室に通ったり、さもなくば本の順に型紙の通りに作っていけば通らなくても良かった回り道や袋小路に迷い戸惑い乗り越えながら、作らなくなったものを含めると100種類近く形に(取り合えず)して来た。
改めて思い返すと何やっているんだかなぁ、と自分の事ながら呆れてしまいます。
分からなかったら分かる人に聞けよと。
でも、遠回りして寝不足になって、余計な材料費をかけたからこそ身に付いた物。
多分それは誰かに頼ったら手に入れられない類のものに違いない、そんな気がします。
新しい環境に慣れることを最優先にしているので、新しいものを考えるゆとりが無い分、今まで作ってきた物の中から改めて今の技術とセンスで作り直したらもっと良いものになるんじゃないか、そう思えるものをリニューアル(といっても見た目は変わらないけど)することを始めています。
型紙を作る上で多分必要になる理屈めいた物は今でも無いから、出来上がったものを見ながら、今まで使ってみた自分なりの感覚を取り入れながら、結局深みにはまり、遠回りしながら、今日もチクチク針仕事です。
朝方生活に変わりつつあるので、そろそろ眠さの限界デス。

«あいにくの空模様

最近の写真