Growthring Leatherworks

特別な物より普通の物。 華やかさは無いけれど大切な物。 毎日使う物だからシンプルで機能的に。 長く使う物だから丈夫に。 そして、もしものときは修理できるよう。 暮らしの中に溶け込み、使うほどに馴染んでいく。 命あったものを形に変えて。 そんな思いを込めて、ひとつひとつ。



こんな思いとこだわりで制作しています。

●素材
国内のタンナーの手による牛革を中心に制作しています。 植物性タンニンでなめされた革は使うほどに色艶を増し、使う人の癖を反映させ一つ一つ違う表情を持ったアイテムへ成長していきます。 革の表情を活かす染料染めのものを多く扱っているので、使用上問題のない程度の傷や染みなど含まれる場合もあります。 本来ならそういう部分を除いて制作すべきかも知れませんが、わずかな欠点のために使えない素材を出すことへの疑問から耐久性に難のある場合を除きそのまま使用しています。(目立たぬように工夫します)


●縫製
蜜蝋を塗った麻糸を2本の針で縫い上げる昔ながらの手縫いの技法で仕立てています。 ミシン仕立てのものは一箇所の糸のほつれが全体に影響してしまうこともありますが、手縫い仕立ては一箇所切れたとしてもそれ以上広がることなく修理もしやすいものです。 ただどうしても時間のかかる作業のため数をこなす量産仕事には向かないのですが、多品種少量生産のような場合には返って小回りが利くんじゃないかなと思っています。


●金具
丈夫でエイジングも楽しめる真鍮製の金具や落ち着いた色合いのアンティーク加工の金具を好んで使っているので、きらきらとした雰囲気は出ませんが落ち着いた雰囲気を好まれる方には喜んで貰えるかなと思っています。 一般的なクロムめっきの金具も少しずつめっきが薄くなり、輝きが鈍くなっていく良さもあるので甲乙つけがたいところです。


●制作
設計から一人の作り手が一貫して制作しています。 会社勤めの傍らの制作ということと、手づくり市などクラフトフェア向け定番アイテムの制作に偏りがちなのでオンラインの在庫は中々追加できないのですが、受注制作も可能ですのでご相談ください。(ステッチの色変更、金具の色変更などできる物もあります)


●オーダーメイド
既成のものをアレンジするような物であれば対応可能ですが、ゼロから設計するフルオーダーについては難しい状況です。 フルオーダーの場合は制作費の他に図面代も発生してしまうので思われる以上に高価な物になってしまうかも知れませんが、既成の物にはない、”こうしたい”と言う強い思いがもしあるのでしたらご相談ください。


●イベント出店
月に2回程度、都内近郊の手づくり市、デザインフェスタなどのイベントに出店しています。 試作サンプルなど現品限りのアイテムなどオンラインでは出さないものも並べています。


8月の出店予定


8月28日(日)真夏のデザインフェスタ ブース番号C-181番

東京ビックサイト
11:00-19:00



次の予定が決まり次第ブログ上にてお知らせいたします。


一部アイテムは通販でもお求めいただけます。
手仕事のギャラリー&マーケット iichi(いいち)

Cucuru Ecological Marketplace


facebookページはこちら

facebookページ


ホームページはこちら

ホームページ

 

2016年8月19日 (金)

名刺入れの試作

P8192429


P8192430


名刺入れのリニューアルを考えているのですが、作り易さと歩留まりの良さを考え出すと思うように終わらないです。
最初に試作したマチの造りでは無駄に作りづらかったので一度糸を切ってマチを付け替え縫い直す”何やってんだか”という作業を経て試作一号の作業終了。
試作だからと革のゆるい部分を使っていたせいもあって、縫い直ししている内に革が延びて形がちょっとゆがんでしまったのはご愛嬌。(商品にし辛い部位の革はこういう感じでも活用しています)
一応、設計目標を名刺50枚収納を目論んで形にしてみたけど現状では40枚強の収納力。
差込錠の受けの位置を少しずらせば大丈夫そうだから概ね目標達成、かな。

頭で考えるだけじゃなくて実際に手を動かしてみて納得のいくことの方が多いから、時々時間をしっかり取ってこういう作業を優先させる時間を作らないといけないなと改めて感じます。
まだまだ引き出しが少ないと思う今日この頃です。

2016年8月18日 (木)

試作していたコインケース

P8182418


P8182419


結局、この形に落ち着いて試作終了。
カードや名刺も収まるサイズ感で制作しているのでカードケースとしても使えるのは便利なんじゃないかなと思います。
お札も入ることは入るけど、4つ折にしなければ収まらないので積極的にオススメしたい使い方ではないかな。。

L字型ファスナーのオーソドックスなデザインのお財布だけど、マチの作り方はちょっと面白い感じに出来ているんじゃないかなと作り手として感じています。

試作品のアレンジ

P8172416


色々作るほどに問題になってくる物、それはハギレと試作品。
ここのロスをいかに無くしていくのかが長く続けていくポイントなのかなと思っています。(もちろん、沢山あるものの一つでしかないけど)

せっかくの休みだから出かけたい所だけど、あちこちで大雨になっているとお天気アプリの雨雲レーダーが地図上に広がる赤や黄色のまだら模様で教えてくれるのを無視するほどの用事でもない。
こういう日は大人しく体と頭を休ませなさいという事なんだと思えるようになって来た感じかな。

少し前から試作しているコインケースと練習用に作ったまま使い道の思いつけなかったトリック編みのストラップ。
有り合わせのファスナーを使って長さが足りずに隙間が出来ていた場所にリングとストラップを組み合わせアレンジしてみると、不思議なくらいしっくり来たのが面白い仕上がり。
きちんと作り直して売り物にと考えなくは無いけど、仕切り無しのシンプルなコインケース(カードケース兼用)の値段にはならないから、面白がっては貰えそうだけど使って貰えるだろうかと考えると悩ましいところ。

2016年8月13日 (土)

コインケースのMサイズ

P8132396

右側のほぼ正方形なデザインのコインケースを定番としていますが、もう少し大きな物をというリクエストが多く四つ折のお札やカードを一枚仕舞える大きさの物を試作してみました。
これで特に問題は無いけど、カードの出し入れのしやすさを考えて少しだけ大きく図面を修正して設計終了です。

結局どの大きさが平均的な期待値に近いのか分からないけど、型紙として3タイプ持っていればどれかしらか役に立ってくれるはず。

2016年8月 8日 (月)

トリック編みのカメラストラップ

P8082385


P8082383


ある程度要領を掴むと本番で試したくなる訳で、練習を兼ねてカメラストラップを1本試作してみました。

ざっくり編みこんでいくこと自体は難しい事ではないけど、編み終わった後の仕上げで形を整えていくのが思いのほか面倒・・・もう一本作ってみて様子を見るかな。

2016年8月 7日 (日)

シリンダーバック

P8062348


P8062349


暑い日が続いて制作ペースもスローダウン。
今週の作業は好評頂いている野帳カバーの在庫補充と中途半端に手を付けていたシリンダーバックの制作。

写真左が今回製作分で右は1年前に作った試作サンプルです。
色味は大きく変わらないけど艶が出てくたっとした感じに変わってきたかな。

2016年7月23日 (土)

HMJ2016

P7232221


P7232232


P7232228


HMJ無事終了、と言ってもイベント自体は明日もやっているので両日参加の皆さん日曜もがんばって下さいませ。(こちらは明日から怒涛の外勤ウィークが始まります・・・)

今日は久しぶりにお会いした作家さんやお買い上げいただいた財布を良い表情に使い込んでいただいた方々、お世話になった方々とお会いすることが出来て色々嬉しい一日になりました。
在庫造りを前倒しで進めてきたお陰もあって大分余裕が出てきた所で、放置気味だった通販の再構築や構想中の新アイテムの企画に取り掛かれるんじゃないかなと思いますが、さて、期待通りに進むかどうか・・・

今回タイミングが合わずご縁の出来なかった皆様。
ホームページ等で公開している物については別途制作できるものもありますのでぜひご検討下さいませ。

2016年7月20日 (水)

限定アイテム

P7202182

HMJ2016まであと少しと言うところに来て用事が重なるのは良くあること。

大きなイベントなので何か限定品でもと思いビンテージ感のあるしっとりとした手触りのオイルワックス加工の革を使ったアイテムを幾つか準備しています。
と言っても素材のストックが残り僅かなので2~3種類各1点ずつになりそうですが、使い込むほどに表面のワックスが磨かれ艶を増していくあまり見ない変化が楽しめる面白い素材なので革好きの人には特に楽しんで貰えるんじゃないかなと思っています。

HMJへは23日の土曜日のみの出店、ブース番号D-51番でお待ちしています。

2016年7月17日 (日)

手創り市(16/07)

P7172165


P7172162


降りそうで降らなかった落ち着かない空模様の鬼子母神は、盆踊り大会のやぐらが境内に組まれていたせいか、普段より人口密度高めな印象でした。

暑い季節は革製品は敬遠される傾向があるので、まぁ予想通りの展開でしたが先月分から定番に加えた野帳サイズのノートカバーを中心にまずまずの動きでした。

さて、来週末はHMJ2016。
久しぶりの大会場でのイベントなのであれこれ仕込んで行きたい所ですが、本業が繁忙期突入のため果たしてどこまで出来るのか、欲張らずいつもの感じで行ったほうがよいのか迷いどころです。

2016年7月13日 (水)

ストラップカッター

P7132154

本業のほうが繁忙期になるタイミングと減員が重なり思うように作業が捗らない今日この頃。
自分と同じような活動スタイルの作り手さんも同じように時間のやりくりに苦労しているのだろうか、それとも上手くやっているのだろうかと気にしたところで仕方ないなと言うのが今日の結論。

普段の生活を守りつつ、本業に差障りの無い範囲で回せる様に知恵を絞るのも案外楽しかったりします。

さて、コレを見てなんだか分かる人は同業の方か、レザークラフトにかなり関心を持っている人かなという特殊工具・ストラップカッター。
まだ持っていなかったのかーと言うくらい今更感のある工具をようやく買った訳ですが、名前の通り一定の幅のストラップ/ベルトをスパッと切り出すための工具です。
今まで2本の定規と無駄な高等テクニックを駆使しながらカットしていた作業を大幅に効率化! 使いこなしに少し癖があるようだけど今までの手間を考えれば雲泥の差・・・

数を作らないのであればこう言った特殊工具は必要ないけど(手間をかけて代用)効率と精度を考えたら早いうちに揃えたほうが良い工具でした。

予報を見ると手創り市の17日日曜日は晴れのち雨(?)
開催中に降らなければ良いけど、雨対策は考えておかないといけないかな・・・

«スマホポーチ

最近の写真

  • P8192430
  • P8192429
  • P8182419
  • P8182418
  • P8172416
  • P8132396
  • P8082385
  • P8082383
  • P8062349
  • P8062348
  • P7232232
  • P7232228