Growthring Leatherworks

特別な物より普通の物。 華やかさは無いけれど大切な物。 毎日使う物だからシンプルで機能的に。 長く使う物だから丈夫に。 そして、もしものときは修理できるよう。 暮らしの中に溶け込み、使うほどに馴染んでいく。 命あったものを形に変えて。 そんな思いを込めて、ひとつひとつ。


こんな思いとこだわりで制作しています。

●素材
国内のタンナーの手による牛革を中心に制作しています。 植物性タンニンでなめされた革は使うほどに色艶を増し、使う人の癖を反映させ一つ一つ違う表情を持ったアイテムへ成長していきます。 革の表情を活かす染料染めのものを多く扱っているので、使用上問題のない程度の傷や染みなど含まれる場合もあります。 本来ならそういう部分を除いて制作すべきかも知れませんが、わずかな欠点のために使えない素材を出すことへの疑問から耐久性に難のある場合を除きそのまま使用しています。(目立たぬように工夫します)

 

●縫製
蜜蝋を塗った麻糸を2本の針で縫い上げる昔ながらの手縫いの技法で仕立てています。 ミシン仕立てのものは一箇所の糸のほつれが全体に影響してしまうこともありますが、手縫い仕立ては一箇所切れたとしてもそれ以上広がることなく修理もしやすいものです。 ただどうしても時間のかかる作業のため数をこなす量産仕事には向かないのですが、多品種少量生産のような場合には返って小回りが利くんじゃないかなと思っています。

 

●金具
丈夫でエイジングも楽しめる真鍮製の金具や落ち着いた色合いのアンティーク加工の金具を好んで使っているので、きらきらとした雰囲気は出ませんが落ち着いた雰囲気を好まれる方には喜んで貰えるかなと思っています。 一般的なクロムめっきの金具も少しずつめっきが薄くなり、輝きが鈍くなっていく良さもあるので甲乙つけがたいところです。

 

●制作
設計から一人の作り手が一貫して制作しています。 会社勤めの傍らの制作ということと、手づくり市などクラフトフェア向け定番アイテムの制作に偏りがちなのでオンラインの在庫は中々追加できないのですが、受注制作も可能ですのでご相談ください。(ステッチの色変更、金具の色変更などできる物もあります)

 

●オーダーメイド
既成のものをアレンジするような物であれば対応可能ですが、ゼロから設計するフルオーダーについては難しい状況です。 フルオーダーの場合は制作費の他に図面代も発生してしまうので思われる以上に高価な物になってしまうかも知れませんが、既成の物にはない、”こうしたい”と言う強い思いがもしあるのでしたらご相談ください。

 

●イベント出店
月に2回程度、都内近郊の手づくり市、デザインフェスタなどのイベントに出店しています。 試作サンプルなど現品限りのアイテムなどオンラインでは出さないものも並べています。

 

4月以降の出店予定

4月15日(日)手創り市 大鳥神社会場
9:00-16:00

4月22日(日)&SCENE手創り市 ブース番号10
9:00-16:00

5月12日(土)デザインフェスタVol47 ブース番号E-109
11:00-19:00

次の予定が決まり次第お知らせいたします。

一部アイテムは通販でもお求めいただけます。
手仕事のギャラリー&マーケット iichi(いいち)

instagramはこちら

instagram

facebookページはこちら

facebookページ

 

ホームページはこちら

ホームページ

 

2018年4月20日 (金)

再設計

素直になれない不器用さからなのか、ただのへそ曲がりなのか、簡単な道具と教科書的な本を買っておよその作り方を見ていきなりオリジナル設計のブックカバー、印鑑ケース、二つ折りの財布、そしてトートバックと色々作って今に至ります。
教室に通ったり、さもなくば本の順に型紙の通りに作っていけば通らなくても良かった回り道や袋小路に迷い戸惑い乗り越えながら、作らなくなったものを含めると100種類近く形に(取り合えず)して来た。
改めて思い返すと何やっているんだかなぁ、と自分の事ながら呆れてしまいます。
分からなかったら分かる人に聞けよと。
でも、遠回りして寝不足になって、余計な材料費をかけたからこそ身に付いた物。
多分それは誰かに頼ったら手に入れられない類のものに違いない、そんな気がします。
新しい環境に慣れることを最優先にしているので、新しいものを考えるゆとりが無い分、今まで作ってきた物の中から改めて今の技術とセンスで作り直したらもっと良いものになるんじゃないか、そう思えるものをリニューアル(といっても見た目は変わらないけど)することを始めています。
型紙を作る上で多分必要になる理屈めいた物は今でも無いから、出来上がったものを見ながら、今まで使ってみた自分なりの感覚を取り入れながら、結局深みにはまり、遠回りしながら、今日もチクチク針仕事です。
朝方生活に変わりつつあるので、そろそろ眠さの限界デス。

2018年4月14日 (土)

あいにくの空模様

ものづくり中心の生活だと言う自覚はあるけど、実態はと言えばフルタイムの勤務プラス平日の家事全般など、ものづくりでは無い時間が大半を占めているのが正直なところ。
年々、肝心のものづくりに掛けられる時間が短くなっていることもあり、時間のマネジメントが難しいです。(理由なくこうなっている訳では無いから余計に悩ましい)

逆に考えると、今までがやるべき日常の作業を後回しにしてものづくりの時間を捻出していただけなのかも知れないだけで、今のこの状況が本来の形なのかも知れない。
そう考えると無理して時間のやりくりに迷うことも無いんじゃないかと言う気持ちになってきます。

春の天気は周期的に変わるようで、今年は週末雨シフトになってしまった様な空模様。
明日の手創り市は多分中止だろうか。

2018年4月12日 (木)

環境が変わる

4月から仕事先が変わり日々のリズムが定まらない日が続いています。
少しずつ新しい環境に慣れ、夜型の生活を朝方に切り替えている中で革小物やさんとしての製作時間をどう確保していくのか。
幸い時間に余裕のある時に作りこんでいた在庫があるので、すぐに困る状況ではないもののいつまでも放っておける訳でもないのが悩ましいところ。

2018年3月28日 (水)

ホームページ

インターネット黎明期はメモ帳使ってタグ打ちして作ってみたけど、CSSだなんだと段々複雑になり手に負えなくなりました。
自分のサイトはjimdoのサービスを利用して作っていますが、基本となるテンプレートを編集して作っていく物なので細かいところで思い通りにはならず、簡単だけどある線を越えると難しいもんだと感じています。

ゼロベースでサイトを構築したりwordpress辺りをマスターすれば思い通りの物が出来るのだろうと手を出し始め、気付きました。

ここに時間をかけるべきじゃないよね、と。

どれだけ仕組みを覚えたところで使う場所は自分のサイトだけなら、時間と言う資源を投資しても回収する事ができないことになる。
だからと言ってこれで売上を立てられるようにするには更にどれだけかかってしまうのだろうか。

その辺を踏まえ、継ぎ足し継ぎ足しでごちゃごちゃしていたサイトを全面的に作り直してみました。
カタログ的なページは苦手な写真撮影とセットになっているので先送りになっていますが随分スッキリとしたんじゃないかと思っています。

2018年3月12日 (月)

面倒と思うか

レザークラフトに限った事ではないけど、その道の専門の道具を使うと速く、正確に、そして綺麗に仕上がる事が多いです。
でもそういった道具は高くて気軽に手に入れる事が出来るもので無いことがほとんど。
道具に限らずコレがあれば良いのにと思うものは山ほどあって、それを使う事で得られるメリットと使う頻度、値段を天秤にかけながら限られたリソースを振り分けていくことになります。
 
どうしてもその作業をやらなければならないけど、一度やってしまえば次は何時になるのか解らないような場合や道具を用意する(探す)間に終わってしまうような事は間に合わせの物で済ませたり、時間をかけて対処したり、解決法はそれこそ色々です。
 
ここで大事なのは○○が無いと出来ないと決め付けるのではなくて、今あるもので何とかしようとする考え方。
繰り返しこうした考え方で物事を解決していくと、気が付かないうちに小技の引き出しが増え出来る事の幅がうんと広がっていたりします。
その上で必要になったときに専門の道具を手に入れると更に出来る事の幅が広がっていく。
ゴールを目指して最短距離で進んでいく事を良しとすることが多い中で、道具を揃えられないと言う消極的な理由があったとしても、それを逆手に取って面倒な事を楽しみながら乗り越えていく。
 
無駄で遠回りかもしれないけど、こういう技の身に付け方が好きです。
(置く場所さえあれば欲しい道具は沢山あります・・・笑)

2018年2月28日 (水)

続けるために

お店を持たないのかとは良く聞かれますが、常設のお店は多分持つことは無いと思っています。
お店の維持にかかる固定費のことを考えると、一体月に何個作って幾つ売らないといけないのか?
このコストを負担するためには手縫いをやめミシンで仕立て、効率よく製作するための機械や外注化など際限なく規模を拡大していかないと維持できなくなりそうで、そうなってしまうと量産メーカーと同じことをやらないと駄目になり、結局耐え切れなくなって(経済的にも体力的にも)続ける事ができなくなってしまうはず。

でも、本拠地となる場所に人を迎えることが出来るメリットも理解していて、そういう場所を持っている人をうらやましく感じる気持ちが無いと言えば嘘になります。
今は規模を大きくせず、小さくあり続ける事で長く続けることを意識しているので、今日も自分の目と手が届く範囲と息切れしないペースで日々の制作を続けています。

2018年2月19日 (月)

上手くなるには

毎日何かしら手を動かす。
それに尽きるのかなと思っています。
だからと言って簡単な物ばかり数をこなしているだけだと、いずれ伸び代は無くなってしまう。
新しい事を考えつつ、今までのものの完成度を上げる反復もしつつ、出来ることの幅と質を上げていく。
言うは易く行うは難し、という事ですね。
 
あと、メーカーさんだったり他の作家さんの品物を見て展開図を想像するのも良い訓練かもしれません。
中には想像も付かないような品物もありますが、基本的なところは大体一緒と言えば一緒。
始めたばかりの頃は私物の財布を研究して部品の形を読み取り、何故そうなっているのか解らないまま作り始め、出来上がった時に「なるほど!」と腑に落ちたり、そんな事を繰り返すうちに引き出しが増え、出来ることが増えていきました。
 
教室などで基礎から教えて貰っていたら通らない回り道だけど、考える力は大分付いたように思っています。
さて、久しぶりに出展だった鬼子母神の手創り市も無事終わりほっと一息。
作りかけの什器はまとまった時間の取れるときまで後回しにして、次の日曜の出展に向けて準備を進めようと思っています。

2018年2月 3日 (土)

2月の予定

昼間仕事をして帰ってからは家のことをしていると一日の作業時間はなんだかんだと2~3時間取れるか取れないかと言うところです。
 
この持ち時間をやり繰りしながら多い年で年300点前後の品物を製作しています。
個数だけ見るとそこそこの数に見えるけど、1時間に何個も仕上がるような簡単な物から7~8時間かかる物まで含めての個数だから見掛け倒しと言えば、そうなる。
細切れの時間の中で製作しているから、どうしても無駄が多くなってその分製作時間が長めになってしまう様な気がしていて、この辺のことを確かめている意味も込めて、最近は時間を計りながら製作するようにしています。
 
 
1月は引きこもっていましたが、2月からイベント出店を再開します。
2月の予定は、2月18日日曜日の雑司が谷鬼子母神の手創り市、今回はメイン会場の鬼子母神ではなくこじんまりとした大鳥神社会場での出店です。
もう一つは2月25日日曜日の千駄木の養源寺での&SCENE手創り市です。出店する作り手さんとスタッフさんとで蚤の市的な催しもあるのでお立ち寄り下さい。

2018年1月26日 (金)

製作時間

品物ごとに大体この位だろうと感じている製作時間があります。
この位のものなら1時間、ここまで行くと7時間とかそんな具合に。

長い期間作り続けているものは手が慣れていたり、工程が洗練されているから実感よりも短い時間で仕上げられるのは当然としても、思っている以上に時間のかかるものもあり、改めて時間を計りながら作り始めて色々発見があります。
品物の値段を決めるときの目安になるので標準的な工数を割り出す必要は判るものの、逆に迷いが増えて悩ましいです。


さて、二つ折りの財布は長財布と変わらない手間と素材を使う物だと再確認。
物によってはイメージと逆転するなんて事もあると言うことを呟いて今日はお終い。

2018年1月12日 (金)

仕事

この先なくなる仕事、AIに取って代わられる仕事なんて話がいたるところで語られています。
儲かっていても後継者が居ないって理由で工場を畳んでしまう町工場の話、技術を引き継ぐ前に途絶えてしまった技の数々。
そんな諸々合わせてこの先どうなるのだろうと、ふと考えることがあります。

革小物の世界もそれこそ牧場から品物を作る職人・作り手まで日に日に縮んでいるのは間違いなく、作りたくても素材が無い、素材があっても作る人が居ないなんてことが現実の問題になりつつある、そんな印象です。
もっとも、使う人も少なくなっているの感じだからバランスを取っているだけなのかも知れないけど、色々な技術が途絶えてしまうのはもったいないなと思います。

自分のような兼業・小商いレベルの作り手でもこう感じるのだから、メーカーさん、本職の職人さんの感じる危機感はそれ所ではないんじゃないかと。

インスタグラムとかを見ていると、全国に、いや世界中に自分と同じように草の根的に(?)モノ作りを続ける人たちが発信を続けていて、大きなメーカーに集約していたモノ作りが、先祖帰りするように個人の手に戻って来ているんじゃないか、
そう感じる今日この頃。

«年が明け

最近の写真